バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

クレジットカード各種ご利用いただけます。

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > ランキング > 1位 > 珈琲定期船:毎月おすすめコーヒー豆3銘柄をお届けします

珈琲定期船:毎月おすすめコーヒー豆3銘柄をお届けします

コーヒー定期船 ¥2,290から

珈琲定期船とは

珈琲定期船のセブンルール

  • 1

    月替わりの3銘柄のコーヒーをお届け

    富田屋のコーヒーを楽しんでいただける月替わりの3銘柄をお届けします!

  • 2

    3銘柄のコーヒーは全て焙煎具合が違います

    中浅煎り、中煎り、中深煎り、あるいは中煎り、中深煎り、深煎りなど味や色、香りが似通らないよう季節やコーヒー豆を感じて3銘柄のコーヒーの焙煎具合を変えております。

  • 3

    3銘柄のうちの1銘柄は、
    焙煎人自身がこれまで未体験のコーヒーをお入れする

    珈琲定期船は安全運航だけではありません。冒険し、コーヒー豆のお宝を探すアドベンチャーの精神もお楽しみください!

  • 4

    3銘柄のうち、2銘柄以上は農薬や化学肥料を使わないコーヒー
    やフェアトレードのコーヒー、環境に配慮した栽培のコーヒー

    地球環境に配慮したコーヒーの楽しみ方を富田屋は追及しています。

  • 5

    配送設定は臨機応変に対応いたします

    基本的には毎月1度定期的にお送りする珈琲定期船ですがお客様の飲むペースに合わせて配送設定できます。

  • 6

    珈琲定期船の最初の1ヶ月分の売上は災害NGO結さんへ寄付

    豪雨土砂災害でお客様が被災され、その時に知った災害NGO結さんへ珈琲定期船の最初の1ヶ月分の売上(送料を差し引いた)を寄付しています。
    災害NGO結さんについての詳しい内容はこちら

  • 7

    解約はいつでもできます

    お口に合わなかったり、その他の事情で辞めたいと思われた場合、発送予定日の前日までにご連絡いただけましたら即、お辞めいただけます。安心してお試しください。

セブンルールの詳しい内容はこちら

お送りする銘柄は、富田屋の焙煎人・洲脇大輔に
お任せください。
コーヒーは美味しさの華ひらく時期が種類に
よって異なります。
そして、春夏秋冬それぞれの季節に見事に合う
コーヒーがあります。
銘柄をおまかせいただく以上、
厳選してベスト
なコーヒーを
お届けいたします。

焙煎人洲脇大輔

珈琲定期船がメディアに掲載されました。

珈琲定期船のコースは2種類

200g×3銘柄コース

200g×3銘柄コース(約60杯分)

¥4350 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり300円アップになります。

お申し込みセット数  セット

初月解約可能

100g×3銘柄コース

100g×3銘柄コース(約30杯分)

¥2290 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり150円アップになります。

お申し込みセット数  セット

初月解約可能

ジャワ島から始まった(インドネシア) コーヒー豆

【初登場】

2024年6月の珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入に入ります。

2002年の開店以来初登場のコーヒー豆です。
珈琲定期船は未開拓のコーヒーをご乗船者様にご案内する冒険号でもあります。
毎月1種類以上は初登場のコーヒーをお入れしています。
15年以上珈琲定期船にご乗船されている方が多いのは飽きないからかも知れません。
美味しい豆が毎年毎年どんどん蓄積されていくのが珈琲定期船。
気に入った豆、お客さんからの人気のある豆は幾度も登場します。
お客様との意思疎通を大事にしたいと思っています。

インドネシアコーヒー始まりの地

ジャワのアラビカコーヒー生産は、ジャワ島東端の標高1,400m以上のイジェン高原が中心です。コーヒーは主に、18世紀にオランダ人によって建設された広大な農園で栽培されています。

ジャワは17世紀頃にオランダ軍によってアラビカ種が持ち込まれ、1699年に本格的に栽培が始まったとされています。インドネシアで最初にコーヒーが栽培された地域として、独特の地位を築いています。元々コーヒー栽培地域であり、コーヒーはジャカルタに伝わり、オランダ植⺠地時代の初期にボゴールとバンドンの地域に植えられました。ジャワからスマトラ島などの他の島にも伝わっていきます。その後ジャワコーヒーは世界中に広まり、莫大なプレミアムが付けられるようになり、最高級コーヒーの代名詞となりました。

アデナコーヒーとダタプさん

このコーヒーを手掛けるのは、ジャカルタに本社を持つ輸出会社、Adena Coffee(アデナコーヒー)。インドネシア国内に3か所の加工場を構え、良い品質のチェリーを育てた農家さんにはプレミアムを付けて買取。また、作り手の農家さんまで追跡できる透明性の高い取引を行い、フィードバックを行うことで、継続的に高品質なコーヒーを提供できる循環を作り出しています。また、ジャワ島の各コミュニティにおいては強固な関係を持っており、ジャワ島産のコーヒーのマーケット開拓にも力を注いでいます。

乾燥の仕上がり具合はタダプさん自らの目で確認。

そんなAdena Coffeeが今回紹介してくれたのは、西ジャワ州 ガルットエリア グントゥール火山の麓でコーヒー栽培を行う、タダプさんのコーヒー。コーヒー栽培に適した、火山性土壌に加え、加工技術も優れており、2022年のCOEでは見事入賞を果たしました。彼は、生態系を守りながらのコーヒー栽培を行っており、様々な植物と一緒に育てることで、環境に負荷がかからないよう心掛けています。2019年には自ら加工場を設立し、周辺農家の栽培指導を行いながら、高品質なコーヒーを買い取り、コミュニティ全体の収入向上にも大きな影響をもたらしています。精製においては乾燥工程を特に大切にしており、乾燥作業中は日々タダプさん本人が乾燥場まで足を運び、直接手で仕上がり具合を確認することで、適切な水分値を見極めています。

「ジャワ島から始まった」のネーミングについて

上記のように、インドネシアのコーヒー栽培の歴史はジャワ島から始まりました。その地で栽培されたコーヒーです。
そういうわけで「ジャワ島から始まった」とネーミングしております。

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

生産国 インドネシア
生産地 西ジャワ ガルット
生産者 ダタプさん
品種 Lini-S,カティモール,ティピカ
企画 G1
標高 1,200-1,450m
乾燥 天日乾燥
精製処理 ウォッシュト精製
その他 混植栽培、栽培期間中の農薬・化学肥料は不使用

目覚めの雨音(ペルー) コーヒー豆

【初登場】

2024年6月の珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入に入ります。

2002年の開店以来初登場のコーヒー豆です。
珈琲定期船は未開拓のコーヒーをご乗船者様にご案内する冒険号でもあります。
毎月1種類以上は初登場のコーヒーをお入れしています。
15年以上珈琲定期船にご乗船されている方が多いのは飽きないからかも知れません。
美味しい豆が毎年毎年どんどん蓄積されていくのが珈琲定期船。
気に入った豆、お客さんからの人気のある豆は幾度も登場します。
お客様との意思疎通を大事にしたいと思っています。

環境保全と品質向上を目指すアプロカシ農協

アプロカシ農協は、ペルー最北部のカハマルカ州のサンイグナシオ地区とハエン地区で活動する生産者組合。1999年に鉱山採掘による環境破壊に対抗するために、サンイグナシオの住民が結成した団体がルーツとなっています。その翌年の2000年にはコーヒーの生産組合として活動を開始。その後、20年の間に規模を拡大し、現在では約600軒の組合員を擁し、年間80コンテナ(約1,400トン)ものコーヒーを海外向けに輸出しています。環境破壊に反対するために生まれたこともあり、この組合では環境保全と農家の生活環境の改善の両立を目指すプロジェクトを展開しています。

Juan Manchay Santosさんについて

ファン マンチャイ サントスさんは、妻のホセファさんと7人の子供たちと一緒に2つのコーヒー農園を切り盛りしています。コーヒー栽培を始めた当初はムンドノーボ種を中心に栽培していましたが、カツーラ種やブルボン種を植えてみたところ、土地の気候条件とマッチして品質が格段に向上しました。ファンさんは収穫後のコーヒーの乾燥にも注力しており、組合の援助を受けてグリーンハウスを設置、さらにアフリカンベッドを使い、低い温度でゆっくりと乾燥させています。こうすることで品質の劣化を起こすことなく、コーヒーのもつ明るく華やかな酸とクリーンカップを引き出しています。

仕入れ先のバイヤーのコメント

23年クロップは昨年と比較しナッツ系の甘さがひと際際立っています。酸は昨年同様、非常に柔らかく、甘さと相まって非常にマイルドな味わいのロットです。浅めのコーヒーでフルーツ感を楽しみたい、でも酸は苦手。そんな方に浅煎り入門用のコーヒーとしておススメしやすい商品です。ぜひお試しください。
(今回は中煎りにしておりますので、ほのかな酸がございます)

「目覚めの雨音」のネーミングについて

僕は雨の降る日は気分が滅入ってしまいます。
特に朝、布団の中で雨音が聞こえてくると、「今日は雨か~」と、元気がしぼみます。
でも、美味しいコーヒーがあるとちょっとウキウキして、雨が降っていても何のその、元気が湧いてきます。
今回はそんな気持ちを表現してみました。
そういうわけで「目覚めの雨音」とネーミングしております。

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

生産国 ペルー
生産地 カハマルカ州 サンイグナシオ県 サンペドロ村
生産者 Juan Manchay Santos
農協名 アプロカシ農協
品種 イエローカツーラ、レッドブルボン、ムンドノーボ
標高 1,950m
乾燥 天日乾燥、アフリカンベッド
精製処理 ウォッシュト精製
その他 栽培期間中 農薬化学肥料不使用、シェードグロウン

 

セラードの1等賞2024(ブラジル) コーヒー豆

6度目の登場。

2019年5月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」、
2020年5月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」、
2021年5月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」、
2022年5月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」、
2023年6月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」、
2024年6月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」、
に入っています。

とは言え、すべて一緒の農園ではありません。
各年度のCup of Progressive Cerradというコーヒー品評会で1位になったコーヒーという意味で6度目の登場です。
年に1度のお祭り感覚です。

美味しい豆が毎年毎年どんどん蓄積されていくのが珈琲定期船。
気に入った豆、お客さんからの人気のある豆は幾度も登場します。
お客様との意思疎通を大事にしたいと思っています。

2023 Cup of Progressive Cerrad Natural部門 1位

2023年のCup of Progressive Cerradというセラード地方のコーヒーコンテストの精製方法Natural部門にて1位を獲得したコーヒーです。
収穫、乾燥、コンテスト、寝かせる、出航、入港を経てようやく5月に日本に入ってきました。
長旅お疲れさまでした。

マリア・ソライア氏の物語

マリア・ソライア氏の一族はポルトガルにルーツを持つ。彼女の祖先はより良い条件の生活を子孫に保障するため、ブラジルまで船で来ることを決断した。彼らは現在のセラード地域と呼ばれるエリアにあたる、ミナスジェライス州の町、セーハ・ド・サリトレに移り住むことを選び、マリア・ソライア氏はこの町で生まれ育ち、今日まで暮らしている。
およそ40年以上前、彼女の叔父たちはコーヒー生産に専念する事を決心し、一族のコーヒー栽培の歴史が始まった。そして、彼女と息子が力を合わせ祖先が選んだ土地を大事に引継ぎ、愛情をもってコーヒー栽培を続けている。コーヒーへの情熱が彼女の生産へのモチベーションとなっている。
彼女たちの土地は気候とコーヒー生産に適した標高の条件が整っていることから優れた品質のコーヒー生産が可能になる。
現在、サリトレ農園とジャクー農園の2つの農園でコーヒー生産を行っている。これら2つの農園は、完熟豆のみを選択した収穫を行い、収穫後のプロセスを行う倉庫や温室、そしてコンクリートのパテオと網棚式の乾燥所があり、品質に対する取り組みが日々行われている。しかしながら、品質の良いコーヒーが出来るのは、全て環境基準に従事し、生産管理などを行う専門家のおかげである。実際にコーヒーを飲む消費者や生産地の自然環境についても配慮することで、コンテストで継続的に良い結果を得られるまでに成長することが出来た。
絶え間ない努力のおかげで、マリア・ソライア氏は生産者になるという幼少期の夢を叶えるだけでなく、愛する農場を子どもたちに引き継ぐことができた。コーヒーと共に、セラード地域全体が成長し、情熱と敬意を持って生産された高品質のコーヒーが世界に広く認識されるようになり多くの成果をもたらした。現在、彼女は女性生産者の代表として、セラード地域の女性生産者プログラムにも積極的に活動している。

《 味覚特長》
aroma:メープル・糖蜜・バニラ・花・スパイス
flavor:キャラメル・紅茶・ベリー系の酸味
フルーツ感の強いタイプではないが、浅煎りで複雑なキャラクターが高評価

「セラードの1等賞2024」のネーミング由来

スバリ、2023年のCup of Progressive Cerradというセラード地方のコーヒーコンテストのNatural部門にて1位を獲得したコーヒーだからです。
2024年5月に日本に入港したので「セラードの1等賞2024」にしています。

普段、珈琲の富田屋で仕入れているお豆さんと、こちらの1等賞のお豆さんの違いは感じられますでしょうか?
もし、いつもの珈琲の富田屋のお豆さんと同じくらいの美味しさと感じられましたら、それは普段の仕入れの品質が良いという事。
もし、普段とは別格のおいしさに感じられましたら、さすが1等賞という事。

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

生産国 ブラジル
生産地 Minas Gerais州salitre(ブラジル ミナスジェライス州セアーラ)
生産者 Maria Soraia(マリア・ソライア)
農園名 Salitre(サリトレ農園)
栽培品種 Arara(Hybrid系品種。2012年から商用栽培が始まった新しい品種。
Yellow CatuaiとObataとの交配種)
標高 1150m
精製処理 ナチュラル精製
その他 2023年Cup of Progressive Cerrad 精製方法Natural部門にて1位

たくさんの方に
ご利用いただいています!

イメージ

奈良県北葛城郡Oさま

「いつも美味しい珈琲をお送りいただきありがとうございます。
以前、お話した掃除ボランティアや、家族や、自営業のパートの方たちと楽しく飲ませていただいています。
仕事終わりにパートの方たちに振る舞うと「これ飲んだら、家帰った時に家事が捗るんよ。」と喜んでもらっています。」
奈良県北葛城郡Oさま 珈琲定期船にご乗船1年1ヶ月目
.
自家焙煎コーヒー豆通販専門店『珈琲の富田屋』バイセンマンです。
「いつもありがとうございます。
お掃除ボランティアさんへの振舞いコーヒーなどにご利用いただきましてありがとうございます。
そして、その方たちにそんなに喜んでいただけていると知れて本当に嬉しいことであります。
お知らせいただきまして本当にありがとうございます。
「家帰った時に家事が捗るんよ。」最高の一言です。
Oさんの優しい気持ちがたっぷり入ったコーヒーだからそのように言ってもらえると思います。
Oさんに感謝です!」

イメージ

東京都小金井市Sさま女性

「富田屋さんのコーヒー豆でコーヒーを作るようになって初めて、ドリッパーに挽き豆を入れてお湯をたらすと、たらした瞬間にその場所の豆がふわっと膨らむのだと知りました。もちろん、お湯を注いでいるときにハンバーグみたいに豆全体が膨らむのは、普通の豆でも起きます。でも、最初の2,3滴を垂らしたときに、ふわっと豆が反応してくれるのは、富田屋さんのお豆が初めてでした。初回の定期船のお豆で、この現象に出会った瞬間に、「富田屋さんにお願いしてよかった!」と思ったことを今でも覚えています。
いつも世界各地からの様々な風味のお豆を送っていただき、個性の違いを楽しんでいます。最初の一杯は、いつもネーミングから味と香りを想像して楽しめるというオマケもついていますね。」
東京都小金井市Sさま女性 珈琲定期船にご乗船6ヶ月目
.
自家焙煎コーヒー豆通販専門店『珈琲の富田屋』バイセンマンです。
いつもは珈琲の富田屋のご利用ありがとうございます。
たくさんの嬉しいメッセージをありがとうございます。
日々楽しんで下さっているご様子が目に浮かぶようです。
喜びながら読んでいました。
コーヒーの粉にお湯を垂らした瞬間に豆が膨らむのは焙煎を時間を掛けてしているのと、新鮮なコーヒー豆で起こる現象です。
あまり新鮮過ぎるとコーヒーの味がぼやけるという方もおられますが、僕はこの優しい味、赤ちゃんの柔肌のような最初のころにしか味わえない味も好きです。日が経つにつれて次第にしっかりした味に変わっていきます。
世界各地の豆、特にアジアのコーヒーなどなかなかコーヒー専門店でも見ない豆も珈琲定期船にはお入れしています。
ネーミングからいろいろ想像していただけるのは本当に嬉しいです。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。」

[自己紹介]
・珈琲の富田屋は2002年に開業の
通販専門の自家焙煎コーヒー豆屋です。
・二度と作れない町、今井町(重要伝統的建造物群保存地区)で
1855年に建てられた蔵を修繕して工房を構えています。
・上質の生豆だけを厳選して取り扱い、
作り置きをせずコーヒーのご注文を受けた後に
焙煎&全国発送しています。
・珈琲定期船は2008年から続く富田屋の看板商品で
お客様の70%以上の方が利用されています。
富田屋はコーヒー初心者の方からのご利用も
心の扉を全開にしてお待ちしております。

↓珈琲定期船の詳細
https://tomitaya.cc/item/subscription/
↓珈琲定期船のセブンルール
https://tomitaya.cc/blog/118/

[メディア掲載]
「毎日新聞」
「読売新聞」
「こだわりバカ (角川新書) 著:川上 徹也」
「塩川恭子と食の学校(サン・スマイル出版部):著:塩川恭子」
「ならぷらマガジン」
「くるり郡山・高田・橿原・香芝 +北葛城郡・磯城郡・生駒郡」(本)
「奈良のタウン情報誌 ぱーぷる」

[珈琲定期船のご愛用者様]
・柴田元幸さん(翻訳家) https://amzn.to/3awFSU6
・ハマダ眼科 濱田恒一さん(医師)
・プレイファームずくなし様 https://playfarm-zukunashi.com/

[ご注意]富田屋は受注後焙煎のため、通販専門となっております。
工房ではコーヒー豆をご購入いただくことができません。
通販専門 自家焙煎のコーヒー豆屋 珈琲の富田屋
Facebook
Instagram
Twitter

イメージ

大阪府大阪市Hさま女性

「本日、定期船が着船しました。ありがとうございました。仕事で行き詰っていたので『丁寧なお仕事』を飲もうかと考えましたが、やっぱり『今、手にある幸せ』に感謝だなと思って淹れました。ネーミングでも幸せになれるって素敵ですね!!
今までの飲んだコーヒーで一番あっさりしていました。美味しかったです。
贈ってくれた友人が友達に贈る方が多いと言っていたのでサプライズで幸せを送りたいと思います。」
大阪府大阪市Hさま女性 珈琲定期船にご乗船初月目

自家焙煎コーヒー豆通販専門店『珈琲の富田屋』バイセンマンです。
この度は珈琲定期船へのご乗船ありがとうございました。
お友達からのプレゼントがきっかけという事で嬉しいです。
贈った側としても珈琲定期船に申し込むぐらい気に入ってもらえると贈り甲斐がありますね。
ネーミングで今日飲むコーヒーを選んでいただけてうれしいです。
『今、手にある幸せ』はまさに、雨の音が聞こえる幸せ、暑く感じる幸せ、ケンカできる幸せ、などなどです。
大変な毎日ですが、このコーヒーを飲むことで『あれ?意外と私って幸せやん!』と気付いていただければと思い、名付けました。
そこにさらに感謝されていて、嬉しい限りです。
今回のサプライズのコーヒーのプレゼント返し、すごい友情というか、愛を感じます。
僕も幸せのお裾分けをいただきました。ありがとうございます。」

イメージ

大阪府高槻市Sさま女性

昨日第2回目の定期便届きました。
有難うございました。
午後の珈琲タイムに早速封を開けました。
ロンドリーナ農園ブラジルです。開けたと同時に良い香りが広がりました。
わぁ~! なんて良い香りでしょう!
頂いたら又深みのある美味しさで幸せ一杯の珈琲タイムになりました。
主人も最大限の誉め言葉でした。
私達夫婦の好みの味でした。
初めての先月はもの足りなさを感じました。
でも美味しくないと言うのではなく、好みの問題です。
優しい味わいで愛のあるコーヒー豆です。
定期便の楽しみが2回目で分かりました。何がくるかと
言う楽しみと、好みで無くても、又思い切りヒットする豆に
出会える楽しみがあります。
こんな時期ですから小さな楽しみが大きな幸せになります。

珈琲定期船にご乗船中

イメージ

山形県I様

こちらは本格的な秋がやってきました。朝晩は暖房が恋しいです。

遊佐刺し子のワークショップのため8月末から2週間イギリスに行ってきました。
今回はイギリス中央部を回ってきました。48年前に(ほぼ半世紀)仕事で3カ月間滞在したケンブリッジにも行ってきました。大学の町ですが、観光地としても人気があり、にぎわっていました。
イギリスのコーヒーはどこも不味い。家に帰ってきて一番にやったことは富田屋のコーヒーをいれることでした。
やっぱり美味しいです。ホッとしました。

追加注文です。

中煎りのコーヒーを豆で800グラム、銘柄はお任せいたしますので、よろしくお願いいたします。
ルゥルゥ(225g)を1袋。引き続きデーツを扱っておられるようでうれしいです。

以上よろしくお願いいたします。

珈琲定期船にご乗船

さらにお客様の声を見る

珈琲定期船の詳細

出荷日について

毎月ご指定の週に出荷いたします。
曜日はこちらで決めさせていただきます。

(ご希望がございましたら曜日の指定もしていただけますのでその旨をお伝え下さい。)

発送方法について

郵便受けにお届け

発送は基本的にご不在でもお届けできる方法で発送いたします。
100g×3銘柄コースの場合は『ネコポス』(ヤマト運輸)、
200g×3銘柄コースの場合は『ネコポス』(ヤマト運輸)、『レターパックライト』(郵便局)で発送いたします。

手渡しでお届け

日にち指定・時間指定のある場合、代金引換便の場合、あるいは封筒に入りきらない場合は、『レターパックプラス』(郵便局)、『クロネコ宅急便』(ヤマト運輸)でお送りさせていただきます。
手渡しでお届けご希望の場合は送料分が加算となりますのでご了承くださいませ。
※代金引換便をご希望の方は別途、代引手数料260円を頂きます。ご了承下さい。

お支払い方法について

毎月の自動引落、お届けごとの都度払いなど複数のお支払い方法からお選びいただけます。

珈琲定期船の変更等について

出荷日のご変更・1回見送る・珈琲定期船をやめる、などのご連絡は出荷予定日の1週間前までにご連絡ください。

お電話でのご連絡

0744-22-6530
(受付時間 / 12:00~19:00 土・日・祝日・第2木曜日・第3木曜日・第4木曜日・第5木曜日は休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームからお受付いたします。

契約期間・ご解約について

契約期間はございませんので、一度だけのご利用でもお辞めいただけます。
珈琲定期船の下船も次回の発送日の1週間前までにご連絡いただけましたら大丈夫です。
まずはお気軽にお試し下さい。

珈琲定期船のお申し込み

200g×3銘柄コース

200g×3銘柄コース(約60杯分)

¥4350 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり300円アップになります。

お申し込みセット数  セット

初月解約可能

100g×3銘柄コース

100g×3銘柄コース(約30杯分)

¥2290 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり150円アップになります。

お申し込みセット数  セット

初月解約可能