バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

トップページ > コーヒー豆単品 > ランキング > 1位 > 珈琲定期船:毎月おすすめコーヒー豆3銘柄をお届けします

珈琲定期船:毎月おすすめコーヒー豆3銘柄をお届けします

コーヒー定期船 ¥2,140から

珈琲定期船とは

  • 毎月定期的にコーヒー豆をお届けいたします。
  • 焙煎人が厳選する3銘柄が消費税、送料込で毎月2140円から。
  • いつもは選ばない豆や新商品が毎月1つ入っています。
お送りする銘柄は、富田屋の焙煎人・洲脇大輔にお任せください。コーヒーは美味しさの華ひらく時期が種類によって異なります。そして、春夏秋冬それぞれの季節に見事に合うコーヒーがあります。銘柄をおまかせいただく以上、厳選してベストなコーヒーをお届けいたします。

珈琲定期船がメディアに掲載されました。

珈琲定期船のコースは2種類

200g×3銘柄コース

200g×3銘柄コース(約60杯分)

¥4050 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり300円アップになります。

お申し込みセット数  セット

100g×3銘柄コース

100g×3銘柄コース(約30杯分)

¥2140 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり150円アップになります。

お申し込みセット数  セット

ジーニアス・シャン ナチュラル精製(ミャンマー)

Genius Shan Highlands Coffee

2019年のジーニアス・シャンは初のナチュラル精製。
ミャンマーでは、収穫・精製時期に悪天候が続いたため、ナチュラルで精製することが大変難しく、生産量がとても少なくなってしまった中、運よく分けていただくことが出来ました。
なんと、購入をキャンセルされたお店が出たのです。
昨年のハニーと違いホワッとした優しさで毛糸の玉のような印象です。
香りはほのかにプルーンやイチゴを連想させます。

ミャンマーのコーヒーは、アメリカでは東洋のパナマと称されるほど、東南アジアで美味しいコーヒーができる新しい産地として近年注目を浴びています。
小規模農家が中心のユアンガンは、土壌の豊かなシャン州の中でも最大級の生産量を誇る地域。
ミャンマーのジーニアスコーヒー(Genius Shan Highlands Coffee)さんから生豆が来ています。
GeniuShan Highlands Coffee は、現地の社会的企業として農家さんとともに成長を続けています。技術指導や苗木・資材等の提供環境に配慮した栽培手法や精製方法の導入にも取り組んでいます。2018年に地域最大の精選場をオープンし、ユニークな発酵方法や比重選別機の導入など、品質向上への挑戦を続けています。

バイヤーからのコメント

「ミャンマーをコーヒーベルトに。」と熱く語るドリーマーであり、クールな経営者でもあるトゥンさん。何より印象的だったのは、カッピング時のフィードバックに真摯に耳を傾け、どうやったらもっと美味しくなるかを時間を忘れて議論しているピュアなcoffee lover としての一面です。
また驚かされたのは、「農家と専売契約を結ばない」というポリシー。
トレーニング提供や適正な買取価格、人対人の信頼関係をちゃんと積み上げて、選んでもらえる会社でありたいという想いに感銘を受けました。
とのことです。

産地の課題

経済発展が著しいミャンマーでは、産業が都市部に集中し、農村に住む若者たちがどんどん都市部へ出て行ってしまっています。
また、ミャンマーでは農家さんが自分の家の庭でコーヒーや果樹を少量ずつ育てているため、大規模な栽培ができず、品質は高いもののコーヒーから安定した収入を得ることが難しいのが現状です。
農村の持続的な発展のためには、農村で作ったコーヒーの品質が評価され、収入が増加・安定することが大切です。

1. 香りを引き出すナチュラルプロセス

「ナチュラルプロセス」とは、コーヒーの果肉ごと一旦乾燥させた後、乾いた果肉とコーヒー豆(種)を分ける精製方法です。
コーヒーの果肉がドライフルーツのようになり、発酵が進み、どの精製方法よりも甘く濃厚なフレーバーがひき立ちやすくなります。

2. 徹底的な選別

ジーニアスコーヒーでは、脱穀後の選別も徹底しています。
豆の大きさをわけるスクリーン選別と、欠点豆を取り除く手選別は、品質を追求する生産者であれば多くの産地で行われています。
それに加えて2018年から比重選別機を導入し、身がしっかりつまった豆だけを選別することで、より品質の高い、ハチミツのような甘みを持ったコーヒーになります。

生産国 ミャンマー
産地 シャン州ユアンガン
栽培方法 農薬・化学肥料不使用
品種 カツーラ、カツアイ、サンラモン
標高 1400-1600m
乾燥方法 天⽇乾燥アフリカンベッド
精製方法 ナチュラル

 

エル・ボスケ農園(ニカラグア)

サンタ・マウラ大農園内にあるエル・ボスケ農園。

『エル・ボスケ農園』はサンタ・マウラ大農園の1区画です。
サンタ・マウラ大農園は歴史が100年以上あり、ニカラグアでも最初の頃にできたコーヒー農園。
広さはなんと約1000ha。
エル・ボスケ農園はその中の約40haになります。

この農園は自然を破壊して農園を作るのではなく、自然環境と共存させながらコーヒーを栽培する農園づくりです。また、当時農園では電気が供給されなかったのを、園内を流れる川の流れを利用した水力発電(いわゆる水車)で供給しています。
世界に二つとないこの自然の楽園は、学生や科学者、国内および海外の来訪者たちに大変喜ばれています。
ある研究によると、この自然保護区では79種以上の木、約250種類の鳥、そして250種類以上の蘭が確認されています。それら動植物は18~23度と気候も安定した海抜1,050~1650メートルに生息しています。
そして、コーヒー栽培に非常に適しているのです。

森林と名付けられた栽培地

サンタ・マウラ大農園の中にある『エル・ボスケ農園』は、ニカラグア北中部のヒノテガ県にあるサンタ・マウラ大農園の中央に位置し、100%ブルボン種を栽培しています。ブルボン種は、1715年にイエメンからレユニオン島(インド洋上の旧ブルボン島)に移植されたものが起源とされています。その後ブラジルに移植され、現在のブラジルコーヒーの原型ですが、現在は生産性の高いムンド・ノーボ種、カツーラ種などの改良種に形を変え、原種は希少となっています。
農園主ホルヘ・チャベスは原種であるブルボン種をニカラグアで育てるため、自らブラジルへ何度も渡り、信頼を得ることでブルボンロッホ(赤く熟す)とブルボンアマリージョ(黄色く熟す)の種の買い付けが実現しました。
それから栽培地を厳選し、土を開墾し、小川や園内の小さな湖がある清らかな水が豊富な地域に移植しました。そのブルボン種の栽培地をEl Bosque「エル・ボスケ」(森林)と名づけました。

ドラマティックな味わい

シェードツリーの下で栽培されるニカラグアのブルボン種は、バナナはもちろん、グアヴァやパパイヤなどトロピカルフルーツと一緒に栽培されているためコーヒーに特徴的なアロマやアプリコットのようなフルーティーな風味を与えてくれます。農園主が自らの万感の思いで手に入れたブルボン種のドラマティックで深みのある味わいをお楽しみくださいませ。

働き手の家族も住みやすい農園

農園主ホルヘ・チャベスはサンタ・マウラ大農園で約50世帯を養っています。そのため、農園で住み込みで働く生産者たちは安心して農作業に従事し、尚且つ、良いコーヒーを作ろうと努めます。
またここで働く家族の子どもたちが通学できる学校や、家族が無料で利用できる小さな病院も農園内にあります。

地域 ヒノテガ県
農園主 ホルヘ・チャベス氏
標高 1,050 ~ 1,350メートル
精製方式 ウォッシュト
品種 レッドブルボン
認証 オーガニックMAYACERT認証

マヤビニック(メキシコ) コーヒー豆

マヤの先住民によって農薬・化学肥料に一切頼らずに育てられています

マヤビニックコーヒーの栽培地域は、メキシコの最南端に位置するチアパス州。
チアパスの雄大な自然。
グアテマラと国境線をなし、メキシコでも有数の緑豊かな森の中で、農薬・化学肥料に一切頼らずに育てられたマヤビニックコーヒー。

メキシコは中米を代表するコーヒー産地のひとつ。
株式会社豆乃木さんではメキシコからのコーヒー生豆の輸入に関わっています。
メキシコのコーヒーは、やわらかな酸味のなかに、甘みが感じられる上品な風味で、香りが高く、とても飲みやすいため、どなたにもご納得いただけるコーヒーです。

また株式会社豆乃木さんのコーヒー豆同様に、メキシコ自体がオーガニックコーヒー豆の栽培にも力を入れている産地です。
世界の60%のオーガニックコーヒーがメキシコで作られています。
マヤビニックコーヒーも、農薬・化学肥料不使用で、マヤの先住民の作り手によって、大切に育てられたコーヒーです。

サビ病を乗り越えて

2013年から2年もの間、コーヒーサビ病という、コーヒーの葉が枯れ落ち、光合成できないことで、コーヒーの実が育たなくなる病気が流行しました。収穫量が激減し、一時、日本国内では幻のコーヒーとなってしまいました。生産者にとっても苦しいときを経て、豆乃木さんでは2015年9月に、再び、輸入再開。
さらに一年後、2016年は十分な量の豆を収穫できることになりました。

農家さんのお仕事

ここではマヤビニックの農家さんがコーヒーチェリーを摘んでから、乾燥させ、組合の事務所へコーヒーのパーチメントを持ち込むまでのプロセスをご紹介します。

1 ピッキング

赤い実だけをハンドピックし、腰籠に入れていきます。


2 選別された赤い実

未成熟の豆が混入することのないように、セレクションします。未成熟豆が混入すると渋みが出たり、えぐみが出るなど、品質に影響します。


3 手動の果肉除去機

各家庭にある手動の果肉除去機を用いて、収穫後すばやく果肉除去します。手動の果肉除去機は男手でも結構な重労働です。

4 発酵槽でミューシレージを取り除く

水が張ってある発酵槽に24時間ほど浸水さ、ミューシレージを取り除きます。

5 天日乾燥

庭先でパーチメントを天日干し、十分に水分を乾燥させます。


6 パーチメントの状態

十分に乾燥させたパーチメントの状態で、農家さんは組合へ持ち込みます。


7 組合の二次加工施設

農家さんが、それぞれの手段で、100kg~200kgほどのパーチメントを持ち込みます。ときには馬でパーチメントを運び入れる農家さんも。


8 品質チェックと計量

加工場の事務所にて、品質チェック(主に乾燥状態など)と計量を受け、豆の引き渡しが完了します。

2019年の変更点

今季の輸入より、生豆はカートン(箱)入り、バキュームパック(真空パック)となりました。
変更の理由としては、メキシコ〜日本での輸送時のダメージ軽減と、運搬時の負担軽減、さらに鮮度を保つ目的でバキュームパックとなりました。

生産国 メキシコ
地域 チアパス州チェナロー区中心
生産者 マヤビニック生産者協同組合
栽培 農薬・化学肥料不使用
品種 ティピカ、カティモール、ブルボンなど
標高 1200~1500m前後
精製方法 水洗式、天日乾燥、100%手摘み、
スクリーン・比重選別、電子選別

たくさんの方に
ご利用いただいています!

イメージ

山形県I様

こちらは本格的な秋がやってきました。朝晩は暖房が恋しいです。

遊佐刺し子のワークショップのため8月末から2週間イギリスに行ってきました。
今回はイギリス中央部を回ってきました。48年前に(ほぼ半世紀)仕事で3カ月間滞在したケンブリッジにも行ってきました。大学の町ですが、観光地としても人気があり、にぎわっていました。
イギリスのコーヒーはどこも不味い。家に帰ってきて一番にやったことは富田屋のコーヒーをいれることでした。
やっぱり美味しいです。ホッとしました。

追加注文です。

中煎りのコーヒーを豆で800グラム、銘柄はお任せいたしますので、よろしくお願いいたします。
ルゥルゥ(225g)を1袋。引き続きデーツを扱っておられるようでうれしいです。

以上よろしくお願いいたします。

珈琲定期船にご乗船

イメージ

東京都S様

終わらないかと思っていた夏(の暑さ)も終わりましたね。

今月もありがとうございます。さきほど無事到着。これから楽しみにいただきます。

鈴虫! かつて私の父が「鈴虫飼育」にはまって、ほとんど庭もない狭いアパートなのに、毎年どんどん増えてしまうので、あちこち配りまくっていました。私は見ているだけで世話もしませんでしたが、鳴き声を聞くとなつかしく思い出します。よい鳴き声ですよね――近くに行けば息子くんにもよく聞こえそうですね。

先月の「焙煎人冥利」採用ありがとうございました! いろいろ使っていただけるたびに、大昔ラジオの深夜放送に葉書を書いて読まれた喜び(夜中に一人でガッツポーズ)を思い出します(笑)。

珈琲定期船にご乗船

イメージ

滋賀県Y様

いつも美味しいコーヒーをありがとうございます。
さて我が家では、家内が、亡き伯母が戦後長らく開いていた洋品店を改装して、近所の方に気軽に寄って貰える、また幼少の子供達がお小遣いで買いに来れる場所を提供しようと現在準備中です。朝は近所のおばさん達が対象のモーニングカフェ、昼からは子供達に一銭焼きを提供する平日4日営業の10坪程度のお店です。オープンは11月7日を目標に義理の息子に改装を頑張ってもらっています。
そこで出すコーヒーについて夫婦で話し合った所、安心できる美味しいものを提供したいという想いで富田屋さんのコーヒーを是非頼みたいなということになりました。
お店には出来れば毎月違うものを提供したいと思います。
種類は今月送っていただいたカショエイラ ダ グラマ農園にしたいと思いますがそこまでキープ可能でしょうか?その後の発注はお客様の様子を見て決めたいと思います。なお今までの定期便はそのまま継続しますのでよろしく。
ご無理をかけますがよろしくご検討お願いします。

珈琲定期船にご乗船、カショエイラ・ダ・グラマ農園ご注文

イメージ

佐賀県N様

3時ごろ届きました。 有り難うございます。
鈴虫いいですね。 孫が小さいころ田んぼ道や、畑・山道を探しまわりました。
記憶があります。 ホームセンターで販売されていてがっかり。
孫は喜びました。 秋の夜長の虫の音・満天の星空を等‥うらやましい限りです。
昨夜はさえ輝く月をみれて胸がスーと一瞬きれいになったような気になりました。
冨田屋さんご一家の幸せを分けていただき美味しい珈琲をいただきます。

珈琲定期船にご乗船

イメージ

佐賀県N様

22日夕方届きました。
老人二人 口論しても 癒してくれる人無し
くーちゃま ひなちゃま 私も月1で楽しんでおります。
ソフトテニスの部活のようす 笑って 笑って久しぶりしっかりと笑えました。コーヒーについてくるオマケに感謝です。
有難うございます。m(__)m

珈琲定期船にご乗船

さらにお客様の声を見る

珈琲定期船の詳細

出荷日について

毎月ご指定の週に出荷いたします。
曜日はこちらで決めさせていただきます。

(ご希望がございましたら曜日の指定もしていただけますのでその旨をお伝え下さい。)

発送方法について

発送は基本的にご不在でもお届けできる方法で発送いたします。
100g×3銘柄コースの場合は『ネコポス』(ヤマト運輸)、
200g×3銘柄コースの場合は『レターパックライト』(郵便局)で発送いたします。

日にち指定・時間指定のある場合、代金引換便の場合、あるいは封筒に入りきらない場合は、『レターパックプラス』(郵便局)、『クロネコ宅急便』(ヤマト運輸)でお送りさせていただきます。
送料分が加算となりますのでご了承くださいませ。
※代金引換便をご希望の方は別途、代引手数料260円を頂きます。ご了承下さい。

お支払い方法について

毎月の自動引落、お届けごとの都度払いなど複数のお支払い方法からお選びいただけます。

珈琲定期船の変更等について

出荷日のご変更・1回見送る・珈琲定期船をやめる、などのご連絡は出荷予定日の1週間前までにご連絡ください。

お電話でのご連絡

0744-22-6530
(受付時間 / 12:00~19:00 土・日・祝日・第2木曜日・第3木曜日・第4木曜日・第5木曜日は休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームからお受付いたします。

契約期間・ご解約について

契約期間はございませんので、一度だけのご利用でもお辞めいただけます。
珈琲定期船の下船も次回の発送日の1週間前までにご連絡いただけましたら大丈夫です。
まずはお気軽にお試し下さい。

珈琲定期船のお申し込み

200g×3銘柄コース

200g×3銘柄コース(約60杯分)

¥4050 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり300円アップになります。

お申し込みセット数  セット

100g×3銘柄コース

100g×3銘柄コース(約30杯分)

¥2140 / 月(税込・送料込)

挽き具合 

出荷日 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へ記入してください。
また、定期購入ではなく1回のみご希望の方も下にお知らせください。1セットあたり150円アップになります。

お申し込みセット数  セット