バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

トップページ > 珈琲をもっと楽しむ > コーヒーの保存方法

コーヒーの保存方法

コーヒーは生鮮食品と同じです

水分が少ないので腐ったりする事はありませんが、長期保存を目的とした乾物とは全く違います。
せっかくおいしいコーヒーを買われても、保存方法がキチンとしていないとすぐに味が落ちてしまいます。
おいしく飲める期間のめやすは豆のままで約1ヶ月、粉に挽いた状態のものは約2週間です。
正しい保存方法でおいしさをできるだけ長持ちさせましょう!

密封容器に入れましょう

コーヒーは酸素・湿気・日光に触れると劣化が進みます。さらに他のニオイを吸収する脱臭剤と同じような構造ですので、密封容器に入れてニオイからも守ってあげましょう。

冷蔵庫に入れましょう

温度が低いほど酸化のスピードは遅くなります。
少しでも酸化を防ぐ為に冷蔵庫で保存してあげましょう。

出し入れは素早くしましょう

冷蔵庫からコーヒーを出すと温度差でコーヒーが湿気を吸ってしまいます。
使う量をサッと量り、すぐに冷蔵庫に戻しましょう。

アイスコーヒーの保存方法

冷蔵庫に保管し、できるだけ早くお飲み下さい。賞味期限は液体完成後1~2日間となっております。

「粉に挽いた豆」は「豆のまま」に比べて数倍の酸化スピードです。
一番の鮮度を保つ方法は、豆のままのコーヒーを飲む直前にミルで粉に挽く事です。
コーヒーは挽くときに一番香ります。

もっとコーヒーを楽しむへ戻る