バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

トップページ > バイセンマンブログ > 珈琲定期船 > おすすめコーヒー豆3銘柄:2019年1月の珈琲定期船3種類。

おすすめコーヒー豆3銘柄:2019年1月の珈琲定期船3種類。


あけましておめでとうございます^^
いよいよ平成31年になりました。
あの記憶に残る小渕さんの発表から31年ですね。
今年も全人類、動物、生きとし生けるものたちが
幸せに生きれる世界になりますよう、心より祈っております。
いろんな技術や知能が発達してきているのに、世の中が良くなっているのか
悪くなっているのかなかなか判断がしづらいです。
とにかく、明るく平和で幸せな年になりますように~!

珈琲の富田屋(コーヒー豆通販専門)の ブログをご覧いただき ありがとうございます^ – ^

1月の珈琲定期船のご案内です。
珈琲定期船は毎月、おすすめのコーヒー豆をお届けするシステムです。
1ヶ月コースもございますので、お気軽に飛び乗ってください。

珈琲定期船とは・・・焙煎人が毎月3種類のおすすめ銘柄をお選びし、月替わりでコーヒー豆をお届けいたします。
月替わりの3種類の内の1種類はこれまでに富田屋で販売したことのないコーヒーを挑戦してお選びしています。
そして、3種類のうちの2種類は農薬や化学肥料を使わない、あるいはなるべく抑えた栽培方法のコーヒー、環境負荷の少ないコーヒーを選ぶようにしています。

例えば1年続ければ36種類のコーヒーをご堪能いただけます。
間違いなく、違いの分かるオトコになっているでしょう^^

好機心のある方をコーヒーのミステリーツアーへお連れする珈琲定期船です。

2019年1月は
アグアフリア農園(ブラジル)ナチュラル(680/100g)
ロス・セラヘス農園(グァテマラ)ウォッシュト(700/100g)
カユノコエ(ケニア)ウォッシュト(750/100g)
の3銘柄です。

1種類目.アグアフリア農園(ブラジル)ナチュラル(680/100g)

中浅煎り。

生豆から漂うフルーティーな香り。
この香りで中浅煎りにしようと決めました。

今回のブラジルはなかなか個性的です。
と言いますのもブラジルのナチュラルは珍しくは無いのですが、その香りがエチオピアで人気のイルガチェフェのナチュラルを少し感じるのです。
そこまでの強烈なインパクトは無いですが、うっとりできます。
まろやかで滑らかでシルクのようなコーヒーです。

うっとりと遠い過去を思い出すときにお供にお飲みいただければと思います。

農薬などを使わない、環境配慮型のコーヒー生産を実践しています。

2種類目.ロス・セラヘス農園(グァテマラ)ウォッシュト(700/100g)

中煎り。

3年連続、約1年振りに登場のコーヒーです。
雲の塊という意味の農園からコーヒーが届きます。
それほど標高の高い産地です。

グァテマラのコーヒーはこれぐらいの煎り具合が好きです。
深煎りでも美味しいのは分かっていますが、だいたいこうなってしまいます。

ぜひとも朝に時間を作って楽しんでいただきたいコーヒーでございます。

3種類目.カユノコエ(ケニア)ウォッシュト(750/100g)

中深煎り。

あまりきつい酸味に上品さを感じません。
ほのかに感じる程度に残し、上質のケニアらしさを感じる焙煎度です。

温度により味が変わっていきます。
熱いうちはまろやかな苦みを感じます。
冷めてきて、甘さ、カシスっぽさを感じます。
いろいろお試しください。

環境に負荷の少ない栽培で農薬や化学肥料は使っていません。

丸秘話(と言いつつ、ネットで公開しておりますが)
このコーヒーは驚くほど仕入れ値が高かったです。
でも、お正月ですので、奮発しました。
お値段も800~900円/100gが適正だと思うのですが、なかなかその値段は踏み切れませんでした。
つまり、お買い得です。


1月も毎日の生活に香りという楽しみをどうぞ。

珈琲定期船は
◎100g×3銘柄コース(約30杯分)2040円(送料・消費税込み)
◎200g×3銘柄コース(約60杯分)3900円(送料・消費税込み)
の2コースございます。
富田屋のお客様の65.1%の方に 毎月ご利用いただいております(*^v^*)

きっとご満足いただけると思いますので 珈琲定期船の説明、お申込みはこちらからどうぞ

珈琲の富田屋
フェイスブック

ブログ記事一覧へ戻る