バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

トップページ > コーヒー豆単品 > 原産国 > グァテマラ > ロス・セラヘス農園(グァテマラ)

ロス・セラヘス農園(グァテマラ)

ぜひ朝に時間を作って楽しんでいただきたいコーヒーでございます。

ロス・セラヘス農園(グァテマラ)イメージ

香り 4つ
コク 3つ
甘味 5つ
苦味 2つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

グァテマラのコーヒーはこれぐらいの煎り具合が好きです。
深煎りでも美味しいのは分かっていますが、だいたいこうなってしまいます。

原産国 グァテマラ

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥700 /100g(税込)

挽き具合 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へご記入下さい。
(200g以上の場合は基本的に200gパックになります。)

数量:100g × 

800g以上のご購入
¥560 /100g(税込)

挽き具合 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へご記入下さい。
(200g以上の場合は基本的に200gパックになります。)

数量:100g × 

ロス・セラヘス農園(グァテマラ)の特長

雲のように柔らかなコーヒーを雲の中で育てる

2016年にデビューして以来3年連続で富田屋で登場するロス・セラヘス農園。

クンブレ・デル・ミラドール農園を所有するルディ・マルティネス氏が2014年に新たに農園を購入し、2016年、初めて収穫を迎えました。

ミラドール農園からさらに山道を車で駆け上がること約20分。
ウエウエテナンゴ県リベルター地区最高峰の標高1850m地点から農園は広がります。頂上は、優に2000mを超える場所にロス・セラヘス農園は位置しており、朝晩は周囲を霧が覆うことからロス・セラヘス(雲のかたまりという意味)農園とルディ氏が名付けました。

火山のない乾燥地帯として知られる同エリアですが、標高の高さが生み出す昼夜の寒暖差、適度な水分と気候、肥沃な土壌が素晴らしいコーヒーを生み出します。
ミラドール農園同様、栽培品種は伝統品種であるブルボン種を中心にティピカ種、サンラモン種。

そして、自らの手で生産処理を手掛けることで、安定した品質を誇ります。
ウエウエテナンゴ最高峰のテロワールが生み出す、複雑で濃厚な果実味をご堪能ください。

兵士だった農園主 ルディ・アルベルト・マルティネス氏


同農園主は、1980年代に内戦がピークの際、当時20代前半の若さで政府軍一兵士として参戦。
ゲリラ軍(先住民グループ)との戦いで、人の生き死に直面し辛く悲しい経験をしました。
現在では、 その過去経験を糧に家族の為、Chalum村の為に日々奮闘しており、非常に温厚で誠実な人物。
彼が丹精込めて栽培するコーヒはまさに別格。
透き通る透明感と優しい甘味は、ルディ氏の個性がコーヒーに表れています。

2000mを超える山の中

生産国 グァテマラ
農園主 ルディ・アルベルト・マルティネス氏
産地 ウエウエテナンゴ県リベルター地区
品種 ブルボン亜種(50%)ティピカ亜種(25%)サンラモン亜種(25%)
標高 1850~2200m
乾燥 100%天⽇乾燥
精製方法 ウォッシュト 醗酵時間:36~48時間

なめらかな質感、きれいに消える後味。
コロコロしたかわいい酸味と濃厚な果実味。
朝に気持ちよくスタートを切っていただきたい、そんな思いを込めたコーヒーです。

ロス・セラヘス農園(グァテマラ)イメージ

中煎り

ロス・セラヘス農園(グァテマラ)

  • 香り
  • コク
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥700 /100g(税込)

挽き具合 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へご記入下さい。
(200g以上の場合は基本的に200gパックになります。)

数量:100g × 

800g以上のご購入
¥560 /100g(税込)

挽き具合 

複数の挽き具合をご希望の方は以下へご記入下さい。
(200g以上の場合は基本的に200gパックになります。)

数量:100g ×