バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

トップページ > 富田屋3つのお約束 > ハンドピック

ハンドピック

美味しいコーヒーをお届けしたいその一心で、目と手を動かす

富田屋では、お買い上げいただいた全てのコーヒー豆について、焙煎前・焙煎後の2回、ハンドピック(悪い豆や異物を手で取り除く作業)を行います。

焙煎前、焙煎後のハンドピック

どんなに良い豆にも、不良豆は混じります

コーヒー豆は農作物です。工業製品のように均一のものが出来るわけではありません。
私たち販売者の手元に届く生豆には、わずかではありますが、次のような不良豆が混じっています(豆の種類にもよりますが、平均的には全体の3~4%ぐらいと思われます)。

  • 黒豆
  • カビ豆
  • 虫食い豆
  • 発育不良豆
  • 死に豆
  • 貝殻豆
  • コッコ

悪い豆が一粒混じると、コーヒーの味は変わってしまう

こうした不良豆が混じったコーヒーを焙煎すると、不快な味(渋味やえぐみ・苦味など)や臭いが出てしまいます。
またコーヒーを焙煎した後には、煎り過ぎた豆や、煎り切れなかった豆がいくらか出てきますが、これらもコーヒーの繊細な風味を損ねます。
そこで富田屋では、コーヒー豆の焙煎前と焙煎後にハンドピックを行い、不良豆を一つ一つ探し出しては手で取り除いているのです。

“良い豆を使っているなら、ハンドピックの必要はないのでは?”そう言われる方もあります。 ですが、コップの水が一滴のミルクで白濁するように、わずかでも不良豆が混じると、コーヒーの味は全体が濁ってしまうのです。
1キロの生豆に10分、焙煎後にまた10分。
ハンドピックに手間と時間をかけるのは、美味しいコーヒーを皆様にご提供する珈琲屋として当然のことと考えております。

ハンドピックの流れ

ハンドピックの基本的な手法は、生豆でも焙煎後のコーヒー豆でも一緒です。

豆をざるに広げる

コーヒー豆を、ざるの上に平らに広げます。

不良豆を取り除く(焙煎前)

広げた豆の中から不良豆を探し、一つ一つ取り除きます。 焙煎前(生豆の状態)に発見しやすいのは「黒豆」や「虫食い豆」などです。まれにコーヒー豆以外の異物(石やコンクリート片、枝葉、穀類、ガラス、糸など)が入ることがあります。ミルを壊す原因にもなりますので注意が必要です。

不良豆を取り除く(焙煎後)

焙煎後は「死に豆」や、発酵臭の原因になりうる白っぽい豆が発見しやすいです。何度も焙煎され炭化したコーヒー豆が出てくることもあります。

10kgをハンドピックして224gも不良豆が出たよ