バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 原産国 > インドネシア > うす紫の誘惑(インドネシア) コーヒー豆

うす紫の誘惑(インドネシア) コーヒー豆

色っぽさを感じるコーヒーです

うす紫の誘惑(インドネシア) コーヒー豆イメージ

香り 5つ
コク 3つ
甘味 4つ
苦味 2つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

【中浅煎り】この独特の香り、しっかり味わっていただきたいのでこの煎り具合にしています。

原産国 インドネシア

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年4月27日、ご予約分で完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年4月27日、ご予約分で完売いたしました。

うす紫の誘惑(インドネシア) コーヒー豆の特長

4代目コーヒー農家マデさん。

2021年4月の「コーヒー豆の定期購入:珈琲定期船」に入っております。
19年目にして初登場。
常連さんもご新規の方もどうぞお楽しみください。

バリ島随一のコーヒー産地キンタマーニのメンガニ地区にて四代続くコーヒー農家マデさん。(写真で子どもを抱っこしている男性)
彼は、クルーズ船で働いていていましたが、数年前より家業のコーヒー農業に関わり始めました。昔ながらの製法で作られるコーヒーをスペシャルティレベルに引き上げるべく近隣の新世代農家とともに奮闘中しています。
収穫後の精製時期がかなり多湿な雨季と重なってしまうバリ。そのため、ウォッシュド精製がほとんど。そんな中、品質を向上すべく、ハニー、ナチュラル、嫌気性発酵なども行っています。乾燥中の管理がとても大変で、ほったらかしにしているとあっという間にカビてしまいます。通常の乾燥作業よりも2−3倍の労力がかかりかます。そんな手間暇をかけたコーヒーです。ぜひお試しください!

今年はコロナの影響で、販売先がなかなか見つからず、大変な苦労をしているバリの小農家さんたち、マデさんも同じだそうです。

インドネシアのYukiさん

バイヤーの山本さんとユキさんとの出会いは4−5年ほど前。バリの一等地で、「The Koop」というカフェを経営しながら、バリのコーヒー生産者とともに品質向上に取り組んでいたYukiさんは、村の小農家さんととても親しく、しかし厳しくもあり、そして、楽しそうに産地を縦横無尽に動いていたそうです。バリでの生活も長く、顔も広く、アイデアウーマンのYukiさんは自ら次々といろいろな試みをしていました。
Yukiさん無しでは日本に入らなかった豆です。
コロナの状況下でなかなか輸送手配に手こずったり、日本に到着してもモニタリング検査等で通関に時間がかかったりもしましたがようやくみなさんに味わっていただけます。

「うす紫の誘惑」のネーミング由来

このコーヒーの香りと味にプルーン、どこかにぶどうを感じます。
そういう紫系の果物をうっすら感じ、飲んだ時にも紫のベールを感じます。
そして、この香りに誘われて、1杯温かいコーヒーを飲みたくなります。
ですので、「うす紫の誘惑」と命名しました。
ちなみに嫁さんはメモ書きで「うす紫」と書いたつもりが「うす柴」となっていました。
うす柴って何?

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

お客様からのコメント

「今月の定期船、インドネシアのうす紫の誘惑、気に入りました!
追加で800g豆のまま お願いできますか。
すでにたっぷり送っていただいたので、なるべく遅い発送でお願いします。
定期船は、いつも、自分ではとても探せないような珈琲に出会えて、おもしろい&うれしいです。
よりおいしく、より誰かのためになる珈琲を求める富田屋さんの姿勢のおかげですね。
ありがとうございます。」
(東京都中野区Fさま女性 珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入に8年6ヶ月ご乗船中。)

こんにちは。
4月定期船無事に着船しております。
3月定期船の幸せ気分を漫画にしようと思っていたら一か月経っていました…。
今月は「うす紫の誘惑」と言うネーミングに惹かれて一番に開封し
とてもいい香りで吸い込みました。
飲んでからお好み表を読んだらコメントに同じことが書かれて「当たり」を引いた気持ちになりました(笑)
4月もコーヒーで幸せ気分です。
ありがとうございます(^^)」
(大阪府大阪市Hさま女性 珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入に9ヶ月ご乗船中。)
漫画のインスタはこちら→ https://www.instagram.com/colorfuldays_365/

「いつも美味しい珈琲をありがとうございます。新学期が始まりましたがご家族皆さま元気にお過ごしですか。
私は新年度のアレコレに加えてまた最近はコロナ対応が厳しくなってきて、いつになく忙しくバタバタした日々が続いています。
やっと今日は久々に実家でゆっくり、朝は”チームワーク”で朝食を、午後は”うす紫の誘惑”でティータイム、でくつろいでいます。
どちらも美味しいのですが、深煎りではない珈琲に覚醒中の私には、”うす紫の誘惑”がドンピシャに美味しいです。」
(奈良県生駒市Iさま女性 珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入に4年間ご乗船中)

 

生産国 インドネシア
地域 バリ島 キンタマーニ メンガニ地区
生産者 パック・マデ
木の品種 アテン、Sライン
乾燥 天日乾燥 アフリカンベッド
標高 1100-1200m
精製方法 ナチュラル

毎回、飲む前に香りが脳みそに刺さるぐらい吸い込んでいます。
これだけでも満足度は96%を超えますが、飲むと108%です。

うす紫の誘惑(インドネシア) コーヒー豆イメージ

中煎り

うす紫の誘惑(インドネシア) コーヒー豆

  • 香り
  • コク
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年4月27日、ご予約分で完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年4月27日、ご予約分で完売いたしました。