バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 種類から選ぶ > ストレート > ありがとうを想いつつ(ミャンマー):嫌気性発酵(アナエロビック) コーヒー豆

ありがとうを想いつつ(ミャンマー):嫌気性発酵(アナエロビック) コーヒー豆

2020年、最もホットなアナエロビック(嫌気性発酵)登場。

ありがとうを想いつつ(ミャンマー):嫌気性発酵(アナエロビック) コーヒー豆イメージ

香り 4つ
コク 2つ
甘味 4つ
苦味 1つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

このコーヒーにはこの煎り具合がバッチリデス。

原産国 ミャンマー

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年1月11日に完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年1月11日に完売いたしました。

ありがとうを想いつつ(ミャンマー):嫌気性発酵(アナエロビック) コーヒー豆の特長

Genius Shan Highlands Coffee

ミャンマーのコーヒーは、アメリカでは東洋のパナマと称されるほど、東南アジアで美味しいコーヒーができる新しい産地として近年注目を浴びています。
小規模農家が中心のユアンガンは、土壌の豊かなシャン州の中でも最大級の生産量を誇る地域。
ミャンマーのジーニアスコーヒー(Genius Shan Highlands Coffee)さんから生豆が来ています。
GeniuShan Highlands Coffee は、現地の社会的企業として農家さんとともに成長を続けています。技術指導や苗木・資材等の提供環境に配慮した栽培手法や精製方法の導入にも取り組んでいます。2018年に地域最大の精選場をオープンし、ユニークな発酵方法や比重選別機の導入など、品質向上への挑戦を続けています。

バイヤーからのコメント

「ミャンマーをコーヒーベルトに。」と熱く語るドリーマーであり、クールな経営者でもあるトゥンさん。何より印象的だったのは、カッピング時のフィードバックに真摯に耳を傾け、どうやったらもっと美味しくなるかを時間を忘れて議論しているピュアなcoffee lover としての一面です。
また驚かされたのは、「農家と専売契約を結ばない」というポリシー。
トレーニング提供や適正な買取価格、人対人の信頼関係をちゃんと積み上げて、選んでもらえる会社でありたいという想いに感銘を受けました。
とのことです。

産地の課題

経済発展が著しいミャンマーでは、産業が都市部に集中し、農村に住む若者たちがどんどん都市部へ出て行ってしまっています。
また、ミャンマーでは農家さんが自分の家の庭でコーヒーや果樹を少量ずつ育てているため、大規模な栽培ができず、品質は高いもののコーヒーから安定した収入を得ることが難しいのが現状です。
農村の持続的な発展のためには、農村で作ったコーヒーの品質が評価され、収入が増加・安定することが大切です。

 

嫌気性発酵(アナエロビック)

今回は2020年、コーヒー業界で最もよく耳にする嫌気性発酵。アナエロビックファーメンテーションとも言われます。
粘着成分(ミューシレージ)の付いたままの生豆を密閉容器に入れ、酸素を遮断した状態で最も活躍する酵母を活用した発酵方法。
ワインの世界から来た発酵方法です。
低温で空気にふれないように発酵させることで、雑味のないブルーベリーのような果実感と、シルキーな後味となっています。

「ありがとうを想いつつ」のネーミング由来

まず、今回の嫌気性発酵を作るにあたっての労力です。
嫌気性発酵するためにわざわざ密閉容器に全生豆を入れて、発酵を待ちます。
その後、いつもの工程に戻るので確実に手間が増えます。
保存容器もいくつも用意して洗浄したりと手間が掛かります。
そんな生産者の皆さんに「ありがとうを想いつつ」、
2020年、この平和な日本で暮らせたことに「ありがとうを想いつつ」、
病気やけがで大変な人も居るかもしれませんが、今、生きていることに「ありがとうを想いつつ」、
産んでくれた親、関わってくれた人、自分の身体、町、国、世界に「ありがとうを想いつつ」、
コーヒーを淹れて、ゆっくり飲んで、この冬をお過ごしいただければと思い、
名前を付けました。

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

生産国 ミャンマー
産地 シャン州ユアンガン
栽培方法 栽培期間中農薬化学肥料不使用
品種 カツーラ、カツアイ、サンラモン
標高 1400-1600m
乾燥方法 天⽇乾燥アフリカンベッド
精製方法 ウォッシュト 嫌気性発酵

今、話題の嫌気性発酵にジーニアスコーヒーが挑戦してくれました。
思ったほどパンチは効いていませんが桃やブルーベリーのような果実感があり、ジューシーなコーヒーです。

ありがとうを想いつつ(ミャンマー):嫌気性発酵(アナエロビック) コーヒー豆イメージ

中浅煎り

ありがとうを想いつつ(ミャンマー):嫌気性発酵(アナエロビック) コーヒー豆

  • 香り
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年1月11日に完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年1月11日に完売いたしました。