バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

クレジットカード各種ご利用いただけます。

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 種類から選ぶ > ストレート > 眼下の果てしない平原(タンザニア) コーヒー豆

眼下の果てしない平原(タンザニア) コーヒー豆

キリマンジャロですっきりマンジャロ。

眼下の果てしない平原(タンザニア) コーヒー豆イメージ

香り 4つ
コク 3つ
甘味 4つ
苦味 2つ
酸味 2つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

[中煎り]
このコーヒーは山のように立体的に感じたかったので中煎りにしております。

原産国 タンザニア

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥730完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2023年1月24日、珈琲定期船のご予約分を残して完売いたしました。
800g以上のご購入
¥590完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2023年1月24日、珈琲定期船のご予約分を残して完売いたしました。

眼下の果てしない平原(タンザニア) コーヒー豆の特長

初登場。

2023年1月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」に入っています。
2002年の開店以来初登場のコーヒー豆です。
珈琲の富田屋では数年ぶりに入荷のキリマンジャロです。

果てしなく広がる平原き

このコーヒーが生まれるキリマンジャロ山北部の標高2200mから見下ろす先には壮大なサバンナが広がっています。

“セレンゲティ”と名付けられたこのコーヒーはマサイ語で「果てしなく広がる平原」という意味があります。雄大に立つキリマンジャロ山を背に広がる大草原とそこに太古から変わらず生き続ける野生動物の営みは、一度この地を訪れる者はその景色に心から魅了されると言われています。多くの人を惹きつけてやまないこのキリマンジャロのコーヒーと重ね合わせて名付けられました。

タラケア農協

タラケア農協は、8つの村の小規模農家が、より効率的にコーヒーを生産し、販売できるよう支援することを目的に、1983年に設立されました。
タンザニア連合共和国のキリマンジャロ州ロンボ郡モシ町の北東105kmに位置し、アフリカの屋根と呼ばれるキリマンジャロ山の風上側にあります。

▼土壌と気候、品種
・タラケア生産者組合は標高約2,200mに位置し、管轄する農地は赤い火山性の土壌で覆われています。
・降雨量は年間約1500mmで、気温は15-28℃と中程度の二峰性気候です。
長雨は3月から5月にかけて、短雨は10月から12月にかけて降ります。
・主な品種は伝統的なN39で、全生産量の80%以上を占めています。
コーヒーチェリーの病気とさび病の両方に耐性を持つ新しい品種を植えるよう、農民の意識を高めるためのさまざまなアドバイスがタラケア農協組合員によって行われています。

▼持続可能な農業
・現在、タラケア生産者組合は、自主的にRFAとフェアトレードのいずれか、または2つの認証プログラムを取得する計画が進行中です。
・除草、剪定、散布、有機肥料の散布、マルチング、害虫・病虫の駆除を行い、技術的なアドバイスは、タンザニア農務省が実施する定期訪問と協力して提供されます。

▼収穫と加工
農家は個々にコーヒーを収穫し、小さな手動の果肉除去機で果肉を除去し、水洗いをし、自家製の乾燥台で乾燥させます。赤く熟したチェリーのみを収穫し、小型の手動式果肉除去機でその日のうちに果肉除去を行うよう努力しています。
プラスチック製の容器で18〜24時間発酵させ、その後きれいな水で洗います。
コーヒーは天日乾燥され、夜間は再湿を防ぐためにカバーがかけられます。

高品質なコーヒーによる利益の還元

現在では、この農協が生まれるまでは考えられないくらい高品質なコーヒーが生産されるようになってきました。その過程で得られた利益は組合員に下記のような形で還元されています。
・品質管理強化のためのセントラルパルパリーユニットを建設し、より安定した品質の提供を行うこと
・一度により多く処理できるコーヒー発酵用タンク
・農場までの道路網のインフラの整備

「眼下の果てしない平原」のネーミングについて

標高2200mのコーヒー畑から眼下に見える大平原サバンナ。
果たしてどんな景色でしょう。
想像するだけでも心がスッキリして気持ちよいです。
こんな場所でコーヒーは栽培されているという事をお伝えしようとこのネーミングにしました。

生産地 タンザニアキリマンジャロ山北部ロンボ地区
生産者 タラケア生産者組合に所属する3500の生産者からカップ評価にて選別
栽培品種 ブルボン、N39
標高 2200m
精製処理 ウォッシュト精製
乾燥 100%手摘み、サンドライ
その他 RFAとフェアトレードのいずれか、または2つの認証プログラムを取得する計画が進行中

数年ぶりのキリマンジャロ入荷。
中煎りのスッキリ感、標高2200mでの栽培によるオレンジを伴う甘味をお楽しみいただければと思います。

眼下の果てしない平原(タンザニア) コーヒー豆イメージ

中煎り

眼下の果てしない平原(タンザニア) コーヒー豆

  • 香り
  • コク
  • 甘味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥730完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2023年1月24日、珈琲定期船のご予約分を残して完売いたしました。
800g以上のご購入
¥590完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2023年1月24日、珈琲定期船のご予約分を残して完売いたしました。