バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

クレジットカード各種ご利用いただけます。

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 原産国 > エチオピア > 冷めない情熱(エチオピア) コーヒー豆

冷めない情熱(エチオピア) コーヒー豆

冷めても美味しいコーヒーどうぞ。

冷めない情熱(エチオピア) コーヒー豆イメージ

香り 5つ
コク 2つ
甘味 4つ
苦味 2つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

【中浅煎り】かすかなバニラを感じるフレグランス(粉の香り)。
甘酸っぱさを感じる、気持ちいいコーヒーです。

原産国 エチオピア

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022.0727完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022.0727完売いたしました。

冷めない情熱(エチオピア) コーヒー豆の特長

2002年に開店して今回初めて仕入れたコーヒー豆です。
2022年7月の「珈琲定期船:コーヒー豆の定期購入」に入っております。

生産地ハンベラ

ハンベラはゲデブとセントラルグジとの間に位置し、火山性土壌かつ有機の栄養価の高い土壌でコーヒーの栽培に非常に適したエリアの一つです。ハンベラの特徴として、平均的なグジの他のエリアの標高より高く、はっきりと分かれた2度の季節性降雨を持っていますがこれにより、開花のタイミングが揃い、収穫も熟度が揃い選別しやすくなります。

ハンベラのカップの特徴としてはシロップのようなボディとフレグランスにかすかなバニラを感じられると言われています。
ダリウォッシングステーションの回りの約450の農家から収穫されています。ハンベラ地域で主食の一つとして食べられているバナナの木をコーヒーのシェードツリーとして育てられています。もちろんそのバナナも主食として収穫して自家消費しています。

情熱の男、Abiyot氏

このダリウォッシングステーションを管理し、コーヒーを愛してやまないAbiyot氏は、当初エチオピア商品交換所に精選したコーヒーを全て持ち込んでいましたが、ウォッシングステーションや乾燥させる棚をほんの少しづつ投資しはじめ、精選方法を管理し高品質なコーヒーを作り始めました。

このダリウォッシングステーションにコーヒーチェリーを持ち込む周辺の農家へ、完熟したチェリーのみを収穫すれば、チェリーの買い取り価格を上昇させることができることを説いて回り、さらに選別工程で丁寧なソーティング(選別)を行えば、良いクオリティに対してボーナスとしてお金を還元するなど、先進的な取り組みを続けました。その結果、徐々にコーヒーの品質が上昇し、6-7年ほど前から海外への輸出にも耐えうるコーヒーを生産できるようになりました。

流通する量は少ないながらも、情熱と丁寧な選別を経て私たちの元に美味しいコーヒーとして届けられます。

「冷めない情熱」のネーミングの由来

コーヒーを愛してやまないAbiyot氏の情熱でこのコーヒーの品質は良くなりました。
情熱を失わず、何年もかけて450人の農家さんと話し合い、説得して来た結果です。
このようなことから冷めない情熱とネーミングしました。
このコーヒーを飲んでAbiyot氏の冷めない情熱を自分にもインストールしましょう。

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

生産地 グジゾーン,ワメナ地区ダリ キダメ
精製 ナチュラル精製
標高 1900-2150m
品種 Ethiopian Heilooms
栽培・農薬の使用 農薬不使用

あと味にも甘みが残り、程よい酸味、素朴なベリー系の香り。
上品なコーヒーで若い女性にもお楽しみいただけると思います。

冷めない情熱(エチオピア) コーヒー豆イメージ

中浅煎り

冷めない情熱(エチオピア) コーヒー豆

  • 香り
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022.0727完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022.0727完売いたしました。