バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > ぬくとい陽ざし(コスタリカ) コーヒー豆

ぬくとい陽ざし(コスタリカ) コーヒー豆

温まるのは身体だけじゃなく、心もね。

ぬくとい陽ざし(コスタリカ) コーヒー豆イメージ

香り 5つ
コク 2つ
甘味 4つ
苦味 1つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

【中浅煎り】コスタリカ、ナチュラル精製。
自然とこの煎り具合になっていました。
素晴らしい香りと柔らかさ。

原産国 コスタリカ

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022年4月4日完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022年4月4日完売いたしました。

ぬくとい陽ざし(コスタリカ) コーヒー豆の特長

アキアレス農園でもナチュラル精製が生産開始

2021年より試験的にアキアレス農園でもナチュラル精製が生産されました。
精選方法は通常のナチュラル同様いたってシンプル。
チェリーより果肉を残したままパティオで2日間の予備乾燥をした後、アフリカンベッドで14日間乾燥させます。
この期間での現地の気温は寒暖差もありますが、おおよそ28ºC~45ºCの範囲内。
そして最後に1日かけて機械乾燥を行い完成です。

単一農園としてはコスタリカ最大の農園

アキアレス農園は国のほぼ真ん中にある首都San Jose から南東に約60km、車で1.5時間ほどの山あいの場所に位置する、カルタゴ州トリアルバ、アキアレス地区にあります。

この農園の最大の特徴は、なんと言ってもその規模。
単一農園としてはコスタリカ最大の農園で、農園名がそのまま地域の名前になっているほど、このコミュニティの象徴的な存在です。

農園総面積は924HA。うち、660HA(約東京ドーム141個)にコーヒーが育てられており、残りは自然保護区域として整備されており、収穫期には最大1,500名ものスタッフが動員され、総収穫数量は18,000袋を誇ります。
ちなみにコーヒー農園自体は、標高900m~1,350mの斜面一体に広がっていますが、日本向けに入荷するロットは、標高1,200m以上の区画のみに厳選されています。

農園名のアキアレスという言葉は現地語で「島」という意味です。
農園内には、3本の大きな川を始め、4つの湧き水、31の小水路があり、空から見ると川が土地を分断
し島のように見えるため、このような名前がつけられました。
美しい自然風景と、地域に支えられる暖かな雰囲気が、農園全体を覆っております。
豊富な湧き水はコーヒーの木々に潤沢な灌漑水を提供、コーヒーの精選工程で発生する汚水や生活廃水もきちんと浄化され還元されており、まさに「水と生きる農園」と言っても決して過言ではございません。

2003年からレインフォレストアライアンス認証取得

 農園内の105haは熱帯雨林に覆われており、2003/2004年産からという非常に早い時期よりRA認証を取得。
2012年にはRA農園の中でも森林破壊や農業生態系の破壊を防ぐことに努め、地域の環境や気候に対して特に配慮している農園に認められるRainforest Alliance Climate Module(Friendly)認証をコスタリカで初めて取得しました。

アキアレス農園は地球環境に対する配慮だけにとどまらず、公的資金をうまく取り入れて地域コミュニティに還元しており、農園経営の一つのモデルケースとして成功しています。
農園が提供した敷地内には学校、幼稚園、住居、病院等があり、建物自体は保険省や大統領名での寄付等で建設されております。
学校や幼稚園の運営費も住民の寄付を柱としており、特に農園で働く人たちにとっては、近くに子供を預けられるが故、安心して働ける仕組みにもなっています。
またアキアレス地域には426軒の住居、1,500人の住民が暮らしていますが、住民の内95%が持ち家であり、この住居用の敷地も、アキアレス農園の寄付によるものです。

「ぬくとい陽ざし」のネーミング由来

次第に春の気配を感じるこの頃。
このコーヒーを飲むと日向ぼっこをしているような、幸福感、安心感に包まれました。
何かの本を読んでいて「ぬくとい陽ざし」という言葉が出てきたのを思い出しました。
「ぬくとい」というのは愛知県あたりの方言のようです。
まさにこの言葉がピッタリくるようなコーヒーだと思い、ネーミングしました。

農園の動画

生産国 コスタリカ
地域 カルタゴ州 トリアルバ アキアレス地区
木の品種 カツーラ、カツアイ、カティモール
標高 1,200~1,350m
精製方法 ナチュラル
乾燥 天日・機械乾燥併用
栽培 RA認証

春を思わせるご機嫌な香り。
夏の陽ざしは強すぎるけど、この春の陽ざしは本当に気持ちいいです。
そんな印象のコーヒー。
ぬくとい陽ざしを浴びながら是非一杯どうぞ。

ぬくとい陽ざし(コスタリカ) コーヒー豆イメージ

中浅煎り

ぬくとい陽ざし(コスタリカ) コーヒー豆

  • 香り
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022年4月4日完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2022年4月4日完売いたしました。