バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 原産国 > タイ王国 > ドリップバッグ:今日はナマケモノ(タイ)

ドリップバッグ:今日はナマケモノ(タイ)

あなたもナマケモノになってみませんか?

ドリップバッグ:今日はナマケモノ(タイ)イメージ

香り 4つ
コク 2つ
甘味 4つ
苦味 3つ
酸味 2つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

[中煎り]2020年は中深煎りでしたが2021年は中煎りで。
いろんな角度からナマケモノの良さを味わっていただければと思います。
2021バージョンはさらさらとお飲みいただける仕上がりです。

原産国 タイ

ギフト包装をご希望の方 →

¥完売(税込)

申し訳ございません。2021年12月24日、完売いたしました。

ドリップバッグ:今日はナマケモノ(タイ)の特長

怠け者”がコーヒーを通して体現する、スローで大きなメッセージ。

タイ、チェンマイ市街から西にすすむと、カレン族が暮らすコミュニティがあります。
その地域ではみんな昔から自給自足で、自然と共に暮らしてきました。
経済発展の中で、彼らの生活にも大きな変化が何度も訪れます。徐々に近代化していく村の生活の中で、伝統的なカレン族の暮らしのあり方を見つめなおし、コーヒーを通じて世界に発信して行こうとする農家さんたちがいます。
それが「レイジーマン」。
自らをナマケモノと名乗る変わりもの達が届けてくれるコーヒーは、どこか懐かしいような、ほっと心落ち着くコーヒーでした。

共に暮らしてきた森を追われ、抗議の行進

スウェさんによると、ノンタオ村の人たちはその昔森林保護という名目で共に暮らしてきた森を追われそうになったとき、地域に呼びかけ団結し村人や周りの地域の人たちみんなでチェンマイを通ってバンコクまで、抗議の行進をしたのだそうです。

その後もケシ栽培の普及と撲滅、最近だと大きな企業が提供する種と農薬による借金。
外から大きな変化がもたらされていますが、昔のように地域が団結して伝統的な暮らしを守るために闘うには、すでに”新しい”生活に染まりすぎていて難しく、どんどん伝統的な生活は失われてきてしまっているのだそう。

レイジーマンの新しい生き方

それでも。
外からの変化にただフォローするのではなく、カレンの暮らしと新しい暮らしの間にある答えを探しすため、地域の若者たちが集まって自分たちを”lazy = 怠け者”と名乗りはじめ、ある人はカレッジを運営したりゲストハウスを開いたりコーヒー屋さんをしたり。それぞれのやり方でlazymanの哲学を発信しています。

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

「今日はナマケモノ」のネーミング由来

レイジーマンはナマケモノという意味。
僕を含めて日本人はよく働きます。
働きアリも働き蜂もビックリです。
今回のタイの生産者のようにゆったりどっしり構えることもたまにはしてもいいのかもしれません。
せめてこの「今日はナマケモノ」を飲む日ぐらいは、いや、飲む1時間くらいはナマケモノになってみませんか?

お客様の声

【以下は2020年の「中深煎り」の今日はナマケモノのご感想です。】

「こんにちは。定期船、無事着船しております。ありがとうございました。
最後の1杯になった朝「次いつかなー」と思った夕方に「明日、コーヒー出発です」案内がきました!わーい♪♪♪と言う気持ちでした。
「今日はナマケモノ」から楽しんでいます。
私は一口目は酸味と苦みを感じたのですが二口目、三口目と徐々に味わい深くなって不思議です。
飲んだ後にほんのり甘みも感じるような・・・
今まで飲んでいたのコーヒーは一口目に酸味が来るともうずっと酸味しかなかったのです。そして冷めたら美味しくない。
「今日はナマケモノ」に限らず富田屋さんのコーヒーは一口目に酸味を感じても冷めても美味しいです。
息子さんのご病気に胸が痛みました。小学校4年生で医療用麻薬を使わなければならないほどの痛み…どれほどの痛みでしょうか・・・
「お腹減った」は元気バロメーターですね。その言葉を読んでホッとしました。今は回復されていてなによりです。
今月も富田屋さんのコーヒーを美味しくいただきます。
ありがとうございました。」
大阪府大阪市Hさま女性 珈琲定期船にご乗船中

「いつもお世話になっております。
ナマケモノ…またしてもお願いします(’ω’)ノ
老若男女問わず「美味しい」が飛び交っております♪よろしくお願いいたします。」
奈良県橿原市 カフェ店主様

地域 タイ チェンマイ タエ村
標高 1,200m~
精製方式 ウォッシュト
品種 カティモール、ブルボン、ティピカ
乾燥 天日乾燥(アフリカンベッド)
栽培 栽培期間中、農薬・化学肥料不使用

※この商品1つにつき10円を原子力発電建設に反対運動している方たちの支援に使います。
他のドリップバッグと合わせて

2010年分は7720円
2011年分は12201円
2012年分は26450円
2013年分は18040円
2014年分は11440円
2015年分は32520円
を祝島千年の島づくり基金へ寄付出来ました。
2016年分は38000円
大MAGROCK(オオマグロック)へ寄付出来ました。
2017年分は38000円(内訳は下に記載)
・14000円をおしどりマコ&ケンさんに
・14000円を大MAGROCK(オオマグロック)
・10000円をぶんぶんサポーターズクラブにお送りしました。
2018年分は48000円(半端だったので少し増やしました)(内訳は下に記載)
・20000円をれいわ新鮮組に(個人名で)
・18000円を大MAGROCK(オオマグロック)
・10000円をぶんぶんサポーターズクラブにお送りしました。
2019年分は54200円(半端だったので少し増やしました)(内訳は下に記載)
・24200円を関西よつ葉連絡会
・20000円を大MAGROCK(オオマグロック)
・10000円をぶんぶんサポーターズクラブにお送りしました。
2020年分は81000円(半端だったので少し増やしました)(内訳は下に記載)
・26000円を関西よつ葉連絡会
・25000円を国際環境NGO FoE Japan
・20000円を
大MAGROCK(オオマグロック)
・10000円をぶんぶんサポーターズクラブ
お送りしました。

詳しくは↓
★バイセンマンブログ(寄付について)

慌ただしい日本。
世界のゆったりしていた地域もだんだんとせわしなくなってきているようです。
自分もそんな一人。
このレイジーマン=怠け者、を飲むことで、強制的に怠け者になる時間を作っていただければと思います。

ドリップバッグ:今日はナマケモノ(タイ)イメージ

中煎り

ドリップバッグ:今日はナマケモノ(タイ)

  • 香り
  • 甘味
  • 苦味

ギフト包装をご希望の方 →

¥完売(税込)

申し訳ございません。2021年12月24日、完売いたしました。