バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 種類から選ぶ > ストレート > 妙なる調和(コスタリカ) コーヒー豆

妙なる調和(コスタリカ) コーヒー豆

オペラ「トスカ」が好きならこのコーヒー。

妙なる調和(コスタリカ) コーヒー豆イメージ

香り 4つ
コク 4つ
甘味 4つ
苦味 2つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

【中煎り】酸味、コク、ダークフルーツ系の風味、後味をふんわりとバランスよく調和のとれた味わいにしたかったので中煎りにしました。

原産国 コスタリカ

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年3月26日、完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年3月26日、完売いたしました。

妙なる調和(コスタリカ) コーヒー豆の特長

自家焙煎コーヒー豆通販専門店 珈琲の富田屋、初登場!

2002年に開業してから初登場です。
こちらのコーヒーは2021年3月の「珈琲定期船」に入っております。
常連さんもご新規の方もどうぞお楽しみください。

2018年設立のマイクロミル

ハーモニー ミルは、2018年に新たに設立されたマイクロミルです。両親の代から近隣のドタ農協へチェリーを納めており、関係性も深かった事から近年までミルの設立をしておりませんでした。ギジェルモさんにとって1つの転機となったのは、近隣でファラミ マイクロミルとして自身のコーヒーを生産する兄弟ファン・ファジャスさんの存在です。兄のコーヒー生産に懸ける情熱やマイクロミルだからこそできる卓越した品質、価値と言うものに大きな影響を与えられ、ギジェルモさん自身もマイクロミルを建て自分自身の名でコーヒーを生産する決意をしました。


ミルと農園の名前は設立時に子供たちが付けてくれた名前で、コーヒーの風味だけでなく家族の幸せを願って、ハーモニー マイクロミル、バランス農園と名付けられました。

設備を補う手間暇

ハーモニー マイクロミルは非常にシンプルな設備で構成され、ミューシレージリムーバーや発酵槽などは無く、果肉除去機によるオールハニープロセスでコーヒーを生産しています。収穫したチェリーはトラックの荷台に積まれミルに運ばれると、ドラム缶で作ったタンクに水と共に少しずつ流し込んでいきます。この際に比重の軽いチェリーや枝葉を表面に浮かせて取り除き、比重の重いチェリーのみに選別されます。その後、パルパーで果肉除去されたウェットパーチメントは、アフリカンベッドに運ばれ乾燥工程に移ります。

ドラム缶を使用した簡易な設備でトラックいっぱいに積まれたチェリーのフローターを取り除く作業は、非常に時間が掛り効率も悪いですが、これを行う事できちんとマイクロロットとしての熟度を担保し、手間を掛けて真面目に品質に向き合っています。

複雑な風味を生み出す独自の乾燥方法

また、乾燥工程においてハーモニーでは、独自の方法を採用しています。通常、乾燥においてはウェットパーチメントのみをアフリカンベッドで乾燥させることが通例ですが、ハーモニーでは果肉除去で除去した果肉を洗浄し、パーチメントと混ぜ込んでアフリカンベッドで乾燥を行っています。こうする事で、わざとミューシレージや果肉の発酵によるパーチメント表面の反応ムラを生み出し、生豆1粒1粒が持つ風味に僅かな違いを生み、風味に多層性や複雑さを与えています。特にこの乾燥方法によって、レーズンの様な甘く熟した香りが加わり、通常のレッドハニーでは再現できない風味を生み出しています。

ハーモニー ミルは、2018年に操業した新しいマイクロミルですが、オーナーのギジェルモさんの20年以上にわたるコーヒー生産ノウハウや兄・ファン・ファジャスさんのファラミの協力、そしてその名前の通り独自の乾燥方法が生み出す風味の多層的な“バランス”と“ハーモニー”で注目されているマイクロミルです。

「妙なる調和」(たえなるちょうわ)のネーミング由来

こちらの農園はバランス農園と名付けられ、ミルはハーモニーミルと名付けられました。
何とお子さんにです。
ハーモニーは調和、そして、音楽のハーモニーを連想させます。
バランスの取れた調和。
そういえば、オペラで「妙なる調和」というアリアがありました。
プッチーニのオペラ「トスカ」の歌です。
バランス農園とハーモニーミルを直訳したようなネーミングですが、このような連想で名付けました。
歌のように調和のとれた味わいになっていれば大成功です。

生産国 コスタリカ
地域 タラス、ドタ、サンタマリア
生産者 ギジェルモ・アドルフォ・ファジャス・マタ
木の品種 レッドカトゥアイ&イエローカトゥアイ
標高 1750-1800m
精製方法 レッドハニー(パルプをミックス)
栽培 自家肥料を作り、極力有機的な栽培に取り組んでいます

ぶどうパンと合わせても良いです。
質の高いコスタリカのコーヒーを召し上がりください。

妙なる調和(コスタリカ) コーヒー豆イメージ

中煎り

妙なる調和(コスタリカ) コーヒー豆

  • 香り
  • コク
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年3月26日、完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2021年3月26日、完売いたしました。