バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 味で選ぶ > コクで選ぶ > ドリップバッグ:アンデスコンドル(コロンビア)

ドリップバッグ:アンデスコンドル(コロンビア)

持ち運べる黒い麻薬

ドリップバッグ:アンデスコンドル(コロンビア)イメージ

香り 4つ
コク 3つ
甘味 4つ
苦味 3つ
酸味 2つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

あっさりしすぎず、コクを出すために中深煎りにしています。

原産国 コロンビア

ギフト包装をご希望の方 →

¥完売(税込)

申し訳ございません。2020年10月23日完売いたしました。

ドリップバッグ:アンデスコンドル(コロンビア)の特長

2020ニュークロップ入荷。

7/1からニュークロップ販売開始です。
2002年に開業してからの超定番商品です。
2020年7月の「珈琲定期船」に入っております。

富田屋での指名率No.1

アンデスコンドル現地イメージ最高品質のコロンビアマイルドを求めて、2003年より2015年までボヤカ・ガジャタ村の生産者のティピカ種100%のコロンビアアンデスコンドルをこれまでご紹介してきました。お陰様でアンデスコンドルはこれまで富田屋での指名率No.1のコーヒーでした。

2016年より、さらに品質を上げる為にエリアを広げ、コロンビア最北部のシエラネバダ・セサール県で昔ながらの製法でティピカ種を守る生産者に変更しアンデスコンドルとしています。

有機栽培で守られてきた伝統品種

現地の方イメージコロンビア北部のマグダレーナ県、セサール県、ラ・グアヒラ県などに広がるシエラネバダ・デ・サンタマルタ山脈は標高5775mの山岳地帯でありながら広大な沿岸地域に面しており、世界で最も標高の高い沿岸地帯です。

この地域では、先住民によって昔からコーヒーが栽培されており、コーヒーは自然からの贈り物で、それは大地から私達の食べ物やフルーツが取れるのと同じように、とても自然な方法で、コーヒーを生産しなければならないという信念のもと、伝統品種であるティピカ種が有機栽培で守られてきました。

製法が素晴らしいカップ品質

現地工場イメージ同エリアには、4つ部族(コギ族、アルワコ族、カンクワモ族、グィワ族)が生活しており、アンデスコンドルは先住民リーダーのラファエル氏に依頼しています。
標高2000mの位置に農園を所有し、その特殊な気候条件とラファエル氏の製法が素晴らしいカップ品質を生み出しています。

深いアロマと滑らかなボディー、そして柔らかく優しい酸味がまさにアンデスコンドルのイメージと見事に重なっています。

原子力発電建設に反対運動している方たちの支援に

※この商品1つにつき10円を原子力発電建設に反対運動している方たちの支援に使います。
他のドリップバッグと合わせて

2010年分は7720円
2011年分は12201円
2012年分は26450円
2013年分は18040円
2014年分は11440円
2015年分は32520円
を祝島千年の島づくり基金へ寄付出来ました。
2016年分は38000円
大MAGROCK(オオマグロック)へ寄付出来ました。
2017年分は38000円(内訳は下に記載)
・14000円をおしどりマコ&ケンさんに
・14000円を大MAGROCK(オオマグロック)
・10000円をぶんぶんサポーターズクラブにお送りしました。
2018年分は48000円(半端だったので少し増やしました)(内訳は下に記載)
・20000円をれいわ新鮮組さんに(個人名で)
・18000円を大MAGROCK(オオマグロック)
・10000円をぶんぶんサポーターズクラブにお送りしました。

詳しくは↓
★バイセンマンブログ(寄付について)

富田屋の人気銘柄。
自然と人に配慮した栽培。チョコレートに合います。
素晴らしい質感と甘苦のバランス。黒い麻薬!ティピカ種

ドリップバッグ:アンデスコンドル(コロンビア)

中深煎り

ドリップバッグ:アンデスコンドル(コロンビア)

  • 香り
  • コク
  • 甘味
  • 苦味

ギフト包装をご希望の方 →

¥完売(税込)

申し訳ございません。2020年10月23日完売いたしました。