バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 原産国 > グァテマラ > 優しさでクラクラ(グァテマラ) コーヒー豆

優しさでクラクラ(グァテマラ) コーヒー豆

美味しいだけじゃない、優しさを感じて欲しいコーヒー。

優しさでクラクラ(グァテマラ) コーヒー豆イメージ

香り 4つ
コク 2つ
甘味 4つ
苦味 2つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

【中煎り】
ナチュラル精製の良さを感じていただきたく、この焙煎度にしています。
もっと深く焙煎しても良い感じになりそうですが。

原産国 グァテマラ

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2020年6/29完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2020年6/29完売いたしました。

優しさでクラクラ(グァテマラ) コーヒー豆の特長

自家焙煎コーヒー豆通販専門店 珈琲の富田屋、初登場!

2020年6月の「珈琲定期船」に入っております。
2002年に開業してからサンタクララ農園のナチュラル精製は初登場です。
常連さんもご新規の方もどうぞお楽しみください。

ワインのような価値あるコーヒーのお手本、アンティグア

グアテマラのアンティグアはかつての首都であり、現在は観光地として有名な場所です。スペイン風の家屋、火山を含む三つの山、景観がとても素晴らしいところです。日中は降り注ぐ日差し、乾燥した気候、夜は冷え込み、寒暖差を生じます。
古都アンティグア周辺にそびえ立つ3つの火山は、アンティグアの伝統とその美しい景観を引き立たせています。
アンティグアはアナ カフェが認定する8つの地域の中で、最も有名な産地の一つです。
2000年には34の農園主が集まり、アンティグアコーヒー生産者協会が設立され、アンティグアの原産地統制呼称(アペラシオン)を守り、アンティグアコーヒーを価値あるものとなるよう活動を行ってきました。またアナカフェが支援するGPSを使用したアンティグア・パイロットプロジェクトでは、各農園の地理的情報、土壌、気候条件、その他生産者情報がデータベース化され、ワインのような価値ある方向に向かう、今日のスペシャルティコーヒーにおけるアペラシオンのお手本になっています。
アンティグアのコーヒーは、古くはドイツ等欧州の高級コーヒーとして使用されてきましたが、その後米国スペシャルティコーヒー産業の発展により、消費地が米国にシフトしていきました。実際 、そのしっかりとした風味とコクは、深煎りにも負けない、現在では世界の産地でも数少ない貴重なコーヒーです。

名士、セラヤー氏。

アンティグアは古くから何世代にも続くコーヒー栽培が行われております。セラヤ一族はその一つであり、100年以上に渡ってコーヒーを栽培してきました。現在のオーナー、リカルド氏は代々受け継がれてきたサンタクララ農園を拡張し、生産処理設備、カッピングルームの増強も行い、高品質コーヒー生産に尽力してきました。
コーヒーを生産するリカルド・セラヤ氏(写真右)は数少ない職人です。それは彼が常に農園に張り付き、毎日農園をバギーで周り、樹々を確認している姿勢が物語っています。2015年ごろ盆地の特性から氷点下になった際、霜害が発生し、いち早く生き残ったコーヒーをカットバックして再生させた出来事が真摯にコーヒー栽培に取り組む姿勢を感じさせます。

また、アンティグアでは土地が高騰しており、農園を手放す生産者が多く、さらに高齢化により、コーヒー生産が不可能となった農園が増えています。その農園をレンタルし、自身の農園管理チームやスタッフ(ピッカーなど)を送り込みアンティグアのコーヒー生産を絶やさないよう活動をしています。 また、着工していた農園内のドライミルが2016 年に 完成し (写真左)稼働したことにより、生産だけでなく精製工程の品質も向上しました。

また、グリーンハウスを用いて、ナチュラルやハニー製法のコーヒーは時間を掛けゆっくりと乾燥を仕上げることで、風味豊かでクリーンな味わいを作り出しています。(写真右)
サンタクララ農園は、アンティグア南西部のアグア山の南斜面に位置する歴史ある農園です。
サンタクララ農園では、
①シェードツリーを多用した環境保全型農業の実践(生物多様性)
②水洗処理工程で排出される汚水の浄化
③ピッカーさんの子どもたちのための奨学金制度
④品種毎の区画管理(カツーラ、ビジャサルチ、ブルボンシト、近年ゲイシャ、パカマラにも挑戦中) を行っております。

今回のサンタクララ・ナチュラルは数年前からチャレンジしているようです。グリーンハウスを設けてスローなドライングで風味を豊かにした果実味プラスチョコレート感溢れる、スペシャルティコーヒーのナチュラルのお手本のようなロットです。
このような素晴らしいコーヒーを自家焙煎出来ることのうれしさ、出会いに感謝します。

名前、優しさでクラクラの由来

アンティグアのコーヒー農園が耕作放棄地になろうとしているところを、リカルド・セラヤー氏がレンタルし、自分のスタッフを送り込んでまで守ろうとする優しさ。
そして環境保全型農業を実践する優しさ。(農薬は使っています)
さらにピッカーさんのお子さんたちへの奨学金制度という優しさ。
もちろん、コーヒーの風味の優しさ。
サンタクララ農園の優しさにクラクラしてしまいます。
このいただいた優しさを家族に、友人に、知らない人に分けましょう~という意味を込めました。

お客様の声

「今日届きました中から、優しさでクラクラを早速飲みました。こちらも好みの香りです。
またまた、あっという間に消費することと思います。」
奈良県橿原市女性 珈琲定期船に1年3ヶ月ご乗船中&ゲイシャでワルツをご注文

「こんばんは。
今月の定期船に入っていたグアテマラの豆まだありますか?
もしありましたら1kg豆のままで追加注文お願いします。
東ティモールもどちらもおいしく、迷いましたがグアテマラに。
また最後の焙煎のときに送っていただけると嬉しいです。」
東京都中野区女性 珈琲定期船に7年8ヶ月ご乗船中

 

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

生産国 グァテマラ
地域 アンティグア地域
農園名 サンタクララ農園
オーナー リカルド・セラヤ 氏
木の品種 カツーラ 種
乾燥 グリーンハウス乾燥
土壌 ローム・砂質
雨量 1200mm
標高 1550 ~1880m
精製方法 ナチュラル

味わいの優しさ、そして、農園主の優しさ。
その取り組みは詳細をご覧ください。
そして、いただいた優しさを家族に、友人に、知らない人に分けましょう~

優しさでクラクラ(グァテマラ) コーヒー豆イメージ

中煎り

優しさでクラクラ(グァテマラ) コーヒー豆

  • 香り
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2020年6/29完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2020年6/29完売いたしました。