バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

自家焙煎コーヒー豆通販専門店・富田屋トップページ > コーヒー豆単品 > 原産国 > エルサルバドル > オプティミスモ農園(エルサルバドル)コーヒー豆

オプティミスモ農園(エルサルバドル)コーヒー豆

ラウンドマウスフィール=まぁるいコーヒーです

オプティミスモ農園(エルサルバドル)コーヒー豆イメージ

香り 4つ
コク 3つ
甘味 5つ
苦味 2つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

エルサルバドルのこのくらいの煎り加減がお気に入りです。
とても柔らかい舌触りで、オレンジのようなフレーバーを感じることが出来ます。

原産国 エルサルバドル

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/26完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/26完売いたしました。

オプティミスモ農園(エルサルバドル)コーヒー豆の特長

夢と希望を持って開園し、逆境から名門農園に

エル・オプティミスモ農園は、エルサルバドル南東部テカパ・チナメカ山系のウスラタンにあるテカパ火山の裾野に位置します。農園は標高1550mとエルサルバドルでは標高の高いエリアです。
農園には保護地区が設けられていて、木の伐採が禁止され、豊かな生態系が守られています。
農園は1970年代に、希望と夢を持って開園されたことを称え、オプティミズム(希望、楽観)から名付けられました。しかし、武力紛争が行われていた80年代には、40haあった農園の大部分が破壊されてしまいました。
が、現在では28haまでに回復しています。
エル・オプティミスモ農園は、創業以来家族で経営してきました。先代のご両親、ホセ・アルマンドさんと妻ソコロさんは、この地を今の立派な農地にするために40年を捧げました。
両親が亡くなった後は、農園主ルチアさんを中心に4人の子供で両親の残した農園を受継ぎました。彼らは譲り受けた農地を広げると共に、コーヒーそれぞれの特徴を最大限に生かした生産を第一に、品質重視の路線にシフトしてゆきます。一粒一粒のチェリーに全労力と気持ちを込めて、最高の品質を実現し、COEにも何度も入賞する名門農園に成長しました。
ブルボン種の甘さと酸のバランスが素晴らしく、エルサルバドルの柔らかな質感とフローラルな余韻が印象的です。
(こちらのコーヒーは農薬や化学肥料を使っていると思われます)

エルサルバドルのコーヒー産業

エルサルバドルは中米の中で最も小さな国ですが、火山が多く、高い山々に囲まれ、コーヒー生産に適した環境が整っています。また、農業国であり、農業全体の1/3をコーヒーが占めるほど、コーヒーへの依存度が高く、かつては中米一の生産量を誇るほどでした。
今でも伝統的なブルボン種を最も多く生産しています。
農家は小規模農家です。
1956年に設立されたエルサルバドル国立農政省コーヒー研究所により品質改良や生産技術研究が進み、農家への技術指導や産業復興が積極的に行われています。

※完売の場合は何がお届けされるか分からないハッピーコーヒーが楽しくおすすめです。

農園名 エル・オプティミスモ農園
生産者 ルチア・マルティネス・デ・セペタ氏
生産地 ウスルタン地域 シウダド デ アレグリア地区
カントン サンフアン
テカパ=チナメカ山系
栽培品種 レッドブルボン種
標高 1550m
農園面積 28ha /コーヒー栽培面積 16.1ha
精製処理 ウォッシュト

この柔らかな味わい、「このままでいいんだよ!」と言ってくれているようです。
間違いなく、飲んでホッとできるコーヒーです。

オプティミスモ農園(エルサルバドル)コーヒー豆イメージ

中煎り

オプティミスモ農園(エルサルバドル)コーヒー豆

  • 香り
  • コク
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/26完売いたしました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/26完売いたしました。