バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

トップページ > コーヒー豆単品 > 味で選ぶ > コクで選ぶ > ロンラン村(ラオス)

ロンラン村(ラオス)

ラオスの森から届いたコーヒー

ロンラン村(ラオス)イメージ

香り 3つ
コク 4つ
甘味 4つ
苦味 4つ
酸味 2つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

このコーヒーは浅めよりも深めの方が合うと思いました。

原産国 ラオス

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/27完売しました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/27完売しました。

ロンラン村(ラオス)の特長

豊かな自然と暮らす、“ロンラン村”からのマイクロロット。

ラオス北部ルアンパバーン市街から1時間半ほど⾞で⾛ったところにあるロンラン村。約70世帯のモン族の⽅たちが暮らしています。彼らは、近年急速に失われつつある豊かな森を守りながらコーヒーを育て、⽊々の陰でゆっくり熟した⾚い実だけを⼀つ⼀つ丁寧に⼿摘みで収穫しています。

バイヤーが2年前から産地にはいり、専⾨家と協⼒しつつ現地で品質向上に努めています。ときにはぶつかりながらも、おいしいコーヒーづくりのための試⾏錯誤を繰り返しています。みんなで育てるコーヒーは、きっと毎年美味しくなっていくはず。その変化も楽しんでもらえると嬉しいです。
クリーンな後味とチョコのような⽢みが特徴です。

現地パートナー紹介 Saffron coffee

産地担当コメント/ Saffron coffeeは、ルアンパバーンの旧市街にある⼩さなカフェです。コーヒーチェリーの集荷と精製、輸出の⼿続きをお願いしています。
代表のトッドさんが、ラオスの美しい⾃然と⽂化に惚れ込みアメリカからラオスに移り住んで10数年。
英語で会話していたのに、熱がこもるとラオス語に切り替わるくらいにすっかりラオス⼈。現地スタッフのみなさんもトッドさんの性格が伝染ってか、コーヒーづくりへの姿勢も⼈への接し⽅もとにかく丁寧。

これまでは、徹底的にクリーンカップを追求してこられました。

今季からは、発酵⽅法を15種類試すなど、個性をどう引き出すか、を⼀緒に取り組んでいます。

土づくり
コーヒーの⾹りの個性は⼟から。
伝統的な⾃然栽培を尊重しつつ、地域の有機資源を活⽤した堆肥づくりにも取り組み始めています。

 

収穫
収穫で品質が決まるといっても過⾔ではありません。未熟なものが混じっていたらその場ではじきます。
艶やかなワインレッドが完熟のしるし。
丁寧に⼀つ⼀つ⼿摘みしています。

 

乾燥
アフリカンベッドとよばれる乾燥棚をみんなで⼿づくり。1時間ごとに⾖を攪拌することで乾燥ムラを防ぎます。
天候をみながら、14⽇前後で⽔分率10-11%になるように管理します。
生産国 ラオス
産地 ラオス北部ルアンパパーンロンラン村マイクロロット
品種 カティモール
標高 800-1400m
栽培 農薬・化学肥料不使用
乾燥 天⽇乾燥、アフリカンベッド
精製方法 フルウォッシュト( dry fermentation)

 

ちょうどバレンタインの季節、チョコレート菓子とも合わせてみてください。

ロンラン村(ラオス)イメージ

中深煎り

ロンラン村(ラオス)

  • 香り
  • コク
  • 甘味
  • 苦味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/27完売しました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。2/27完売しました。