バイセンマン

富田屋では純粋なコーヒーを楽しんでいただけるよう、ハンドピックによる豆の選定を行っています。富田屋の焙煎したてのコーヒー豆を通販にてご購入いただけます。

珈琲の富田屋

  • 再購入はこちら
  • マイページ
  • カート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 富田屋について
  • 富田屋3つのお約束
  • コーヒー豆のご購入
  • ギフト商品のご購入
  • 定期購入のお申し込み
カートアイコン

トップページ > コーヒー豆単品 > 原産国 > エクアドル > ナチュラレッサ(エクアドル)

ナチュラレッサ(エクアドル)

自然と人に配慮した栽培。

ナチュラレッサ(エクアドル)イメージ

香り 3つ
コク 3つ
甘味 3つ
苦味 1つ
酸味 3つ
  • 浅煎り
  • 中浅煎り
  • 中煎り
  • 中深煎り
  • 深煎り

あっさりと、さっぱりとお飲みいただけるようこの煎り具合にしました。
苦みはゼロ。

原産国 エクアドル

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。4/30完売しました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。4/30完売しました。

ナチュラレッサ(エクアドル)の特長

まさに「ナチュラレッサ」 自然そのままのコーヒー畑

南米エクアドル・マナビ地方で丁寧に栽培されています。
産地では20年ほど前から枯葉やコーヒーチェリーの果肉で堆肥を作るなど、農薬や化学肥料を使わない栽培に取り組んでいます。

ナチュラレッサの産地は、グアヤキルから北へ100km、車で2時間ほど行ったマナビ(インディヘナの言葉で「水がない」の意味)県カスコルという地域です。カスコルにカベコーヒー社の水洗加工処理施設があり、そこからさらに山に入ったところにコーヒーの畑があります。遠いところでは加工所から車で2時間以上(距離にして約20km)離れたところでコーヒーを栽培している生産者もいます。
 標高は600m~800mとそれほど高くない地域ですが、山の中のコーヒー畑への道は急な上り坂と下り坂のくりかえし。コーヒーの集荷に使用しているトラックで畑めぐりをしましたが、途中でトラックからは何やら白い煙が…。あわやエンストしてしまうほど過酷な道路でした。それもそのはず、この地域ではコーヒーの収穫のこの時期だけ、ブルドーザーが道路を整備するらしく、通常の交通手段は馬やロバ、あるいは徒歩なのです。滞在の初めに、カベコーヒー社のフランシスコさんが「コーヒーがどんなふうに日本にまで届くのか見て知って、それを是非伝えてほしい」と強調していたのですが、まさにそれを体感することの連続でした。
ナチュラレッサのコーヒー畑はどこも自然そのまま。まさに森です。
空気はとても新鮮で、聞いたこともないような美しい鳥の歌声が聞こえてきます。
あまりに瞬間的な出来事で歌声の持ち主を確認することもできません。
森では人間の存在はそれほど大きくないようです。
訪れた時期はちょうど収穫期の始まったところで、どこの畑も真っ赤な実が収穫されるのを待っていました。

コーヒーの収穫は重労働

 収穫作業のために、ほとんどの生産者は人を雇っています。「子どもたちは(将来)コーヒーは重労働なのでやりたがらない」と生産者は話してくれました。街に出て、教師やエンジニアなど他の職業についているそうです。日本の農家にも通じる難しい問題がここにもありました。

持続可能なコーヒー栽培のために

 カベコーヒー社では、カスコルに自社のコーヒー畑を持っていて、そこでは育苗や堆肥づくり、灌漑実験も行われています。生産者はこの農場で実際の堆肥や苗を見て、学び、それぞれの畑で実践しています。

 カベコーヒー・エクアドル社がこの地で有機コーヒー栽培プログラムを始めた当初から生産者への技術支援に関わっているフランシスコさんは言います。「生産者はたいてい、『オーガニックは何もしないこと』だと思っている。まずは、その考えを変えてもらうところから始まるんだ。それは、本当に時間のかかる作業なんだよ。『赤い実だけを持ってくる』ということですら理解してできるようになるまで5年はかかるのだから。」それはそれは辛抱強い彼らの働きがあってこそ、こうして毎年私たちは「ナチュラレッサ」コーヒーを飲むことができるのです。

 カスコルからグアヤキルに戻る車中、フランシスコさんが窓から見える大空を悠々と飛ぶ鳥を指差してつぶやきました。「空を見てごらん、あの鳥が僕たちのコーヒーの価値なんだよ。」 豊かな自然の恵みから生まれる「ナチュラレッサ」、そして豊かな自然を将来に引き継いでいくための「ナチュラレッサ」。これからもコーヒーとともにこの「ナチュラレッサ」のメッセージをより多く人に届けたいと思います。

(ATJ 岡さん)

ATJとの関係:コーヒーが南北問題の象徴であり、閉鎖的なコーヒー業界に対して、産地から消費者までが明らかなコーヒーを目指して当時先駆的だった有機栽培「ナチュラレッサ」の取り組みを93年に開始しました。

生産者 キューバ国営企業を本社にもつカベコーヒー・エクアドル社の契約農家 約80名。
生産地 マナビ地方
栽培品種 ティピカ、カツーラ、クリオージョの混在
標高 700~800m
精製処理 ウォッシュト

コーヒーなのに苦みがないです。
浅いめの焙煎ですが酸味も柔らかく、いつでもどこでも楽しんでいただけます。

ナチュラレッサ(エクアドル)イメージ

中浅煎り

ナチュラレッサ(エクアドル)

  • 香り
  • コク
  • 甘味
  • 酸味

ギフト包装をご希望の方 →

800g未満のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。4/30完売しました。
800g以上のご購入
¥完売 /100g(税込)
申し訳ございません。4/30完売しました。