コーヒー豆販売 珈琲の富田屋
コーヒー豆販売 珈琲の富田屋 メニューメニュー
当店のご案内
コーヒー豆のご注文
珈琲定期船のお申込
ギフト商品のご注文
おいしいコーヒーを楽しむために・・・
ゴールデンドリッパーズ
お客様の声
お問い合わせ
コーヒー豆販売 珈琲の富田屋

ランキング

バイセンマンブログ

送料など
そんな富田屋の当たり前
■最上質のコーヒー、すなわちスペシャルティーコーヒー生豆を使用。

■アメリカ:Specialty Coffeeの語源
Specialty Coffeeの語源は
米国Knutsen CoffeeのErna Knutsen女史が
1978年にフランスのコーヒー国際会議で使用したのが起源で、
そのコンセプトは単純明快です。

『special geographic microclimates produce beans with unique flavor profiles
(特別の気象・地理的条件がユニークな香気を持つコーヒー豆を育てる)』
またS.C.A.A.(米国スペシャルティーコーヒー協会)の
Don Holly氏はこう言います。
『結局スペシャルティーコーヒーはカップで決まる。
一杯のカップが消費者の手に渡るのには多くのステップがあり、
全てのプロセスで最高品質が維持されて
スペシャルティー足るものが守られるのだ』


この基本理念から発展して
近年のスペシャルティーコーヒーの運動は発展してきました。
しかし何がスペシャルティーコーヒーなのかの
世界統一の定義はまだ固まっていません。
(アタカ通商株式会社の「Specialty Coffeeとは?」より抜粋)

■日本:日本スペシャルティーコーヒー協会の定義
消費者の手に持つカップの中の
コーヒーの液体の風味がすばらしいおいしさであり、
消費者がおいしいと評価して満足するコーヒーであること。

・風味のすばらしいコーヒーのおいしさとは:
際立つ印象的な風味特性があり、
爽やかな明るい酸味特性があり、
持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。
カップの中のコーヒーの風味が
すばらしいおいしさであるためには、
コーヒーの種子からカップにいたるまでのすべての段階において、
一貫した体制・工程で品質向上策、
品質管理が徹底していることが必須である。

■珈琲の富田屋:当店におけるスペシャルティーコーヒーとは
珈琲の富田屋ではスペシャルティーコーヒーを取り扱っています。
これは見た目や大きさ希少性が付加価値となっている
グルメコーヒー、プレミアムコーヒーとは違います。

まさに、コーヒーの味に審査基準を置いた豆。
最近まで日本に入ってこなかった豆。

富田屋にとってのスペシャルティーとは・・・
  • 欠点がないというだけでなく「美味しい」と感じられるユニークな風味を持っている
  • 後味がなめらかですっきりとしていて心地よい。甘味も感じられる
  • 現地でのコーヒー栽培〜収穫〜輸送〜日本での保管〜焙煎までの品質管理に信頼が置ける
  • お客様が飲んだ後に余韻に浸って、イメージの中で異空間に行ける
  • お客様がお友達に自慢できる
    (おいしいコーヒーの決め手の80%は生豆。質の悪い豆は使ってられません。)
こんなコーヒーが富田屋のスペシャルティーコーヒーです。

コーヒー豆販売 珈琲の富田屋
自家焙煎コーヒー豆販売 珈琲の富田屋:通販専門店

お問い合わせ  ご注文のご説明  TEL・FAX・メールでのご注文  特定商取引法に基づく表記  個人情報について  メディア掲載