コーヒー豆販売 珈琲の富田屋
コーヒー豆販売 珈琲の富田屋 メニューメニュー
当店のご案内
コーヒー豆のご注文
珈琲定期船のお申込
ギフト商品のご注文
おいしいコーヒーを楽しむために・・・
ゴールデンドリッパーズ
お客様の声
お問い合わせ
コーヒー豆販売 珈琲の富田屋

ランキング

バイセンマンブログ

送料など

コーヒー豆のご注文>商品詳細ページ
前のページへ戻る

*アンデスコンドル(コロンビア)
黒い麻薬を召し上がれ。

800g未満の場合  → ¥650(100g)
800g以上の場合  → ¥520(100g)

香り すがすがしさも感じつつ、甘くソフトな香りに病みつき♪
口あたり 第一印象はソフト。でも、中身の詰まったコクのあるコーヒー
爽やかさ あざやかな色彩のイメージ、ほのかぁに酸味
甘み 軽くソフトな甘みを感じつつ余韻を楽しむ。
あと味 やめられなくなるあと味。人間やめますか?それとも、これやめますか?
バランス 酸味、香り、苦味、甘み、あと味、どれを取ってもきつ過ぎることなく、バランスが非常に良い。

焙煎具合 シティーロースト(中煎りの深め)
生産国 コロンビア
品種 ティピカ種100%
乾燥方法 天日乾燥
精選方法 水洗式
エピソード 最高品質のコロンビアマイルドを求めて、2003年より2015年までボヤカ・ガジャタ村の生産者に依頼し、ティピカ種100%のコロンビアアンデスコンドルとして、これまでご紹介してきました。お陰様でアンデスコンドルはこれまで富田屋での指名率No.1のコーヒーでした。
2016年より、さらに品質を上げる為にエリアを広げ、コロンビア最北部のシエラネバダ・セサール県で昔ながらの製法でティピカ種を守る生産者にアンデスコンドルを依頼することができました。

コロンビア北部のマグダレーナ県、セサール県、ラ・グアヒラ県などに広がるシエラネバダ・デ・サンタマルタ山脈は標高5775mの山岳地帯でありながら広大な沿岸地域に面しており、世界で最も標高の高い沿岸地帯です。
この地域では、先住民によって昔からコーヒーが栽培されており、コーヒーは自然からの贈り物で、それは大地から私達の食べ物やフルーツが取れるのと同じように、とても自然な方法で、コーヒーを生産しなければならないという信念のもと、伝統品種であるティピカ種が有機栽培で守られてきました。

同エリアには、4つ部族(コギ族、アルワコ族、カンクワモ族、グィワ族)が生活しており、アンデスコンドルは先住民リーダーのラファエル氏に依頼しています。
標高2000mの位置に農園を所有し、その特殊な気候条件とラファエル氏の製法が素晴らしいカップ品質を生み出しています。
深いアロマと滑らかなボディー、そして柔らかく優しい酸味がまさにアンデスコンドルのイメージと見事に重なっています。


*飲まれた方のご感想
富山県Hさん
06年10月21日
先日は美味しい珈琲を有難う御座いました。届いて包装を開けた瞬間、思い切り粉の香りを吸い込んでいる自分がおりました(笑)
淹れた珈琲のほうは家族全員が満足気な表情でカップに口をつけていました。
福井県Aさん
06年06月22日
「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトで糸井重里さんがこちらのコーヒーのことにふれておられたのを拝見して興味を持ちまして、注文させていただきました。
普段は、地元の自家焙煎している喫茶店(福井市内にある「豆蔵」というお店)や関西方面に遊びに行く機会があると京都・六曜社で豆を購入しております。
自分の好きなコーヒーの味のタイプはわかっているのですが、様々なおいしいコーヒーを飲んでみたいという気持ちから、いろんなお店でいろんな豆を購入しています。
今回購入させていただいた ビルセレクシ、アンデスコンドルどちらもサイトのコメント通りの、期待していた味で、とてもおいしかったです。
ビルセレクシは味わい深いのにすっきりしていて、アンデスコンドルはさらっとしているのに後味しっかり(香りが抜群によかったです!)
…両極端な感じの味を選んで、正解でした。
わたしにとってコーヒーを挽いて入れて飲むのが至福のひととき。
富田屋さんにはいろんな種類の豆がたくさんありますので、いろいろ購入させていただきたく思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
沖縄県Nさん
06年03月23日
こんにちわ。
コーヒーが、昨日届きました!
ポストを開けると、包装されているにもかかわらず、コーヒーのいい香りが漂って来て、我慢できず早速いただきました。
こんなにも早く届くとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。(20日発送で22日着)

ほんとにおいしかったです。
いつも少し砂糖とミルクを入れてコーヒーを飲むのですが、上質なコーヒー豆で入れたブラックは本当に飲みやすいですね。それだけで十分に満足させてくれました。
これからしばらくは、コーヒーの時間を素敵な気持ちで楽しめそうです。

本当にありがとうございました。
また利用させていただきます。
東京都Aさん
06年02月14日
今朝から新しいコーヒーです。
白金にあるショコラティエエリカのチョコレートとアンデスコンドルをあわせました。
美味しかったです。アンデスコンドル。淹れたては酸味が少なく程よい苦味、時間が経つと少し酸味を感じコク出てきました。
甘いものにピッタリです。
でもこのコーヒーは何かと合わせなくてもそれだけでも飲みやすく、飲みすぎても具合が悪くなりません(私はあまりコーヒーを飲むとカフェインにやられてしまうんですが)
母もコーヒー好きの割にはドトールのクリスタルブレンド(ドトールでは高級しんです) 近々、母に送ろうと思いますのでよろしくお願いします。
広島県Oさん
06年02月13日
とうとう飲みました!アンデスコンドル!
「何なんだ〜!」
と,一口飲んでは首をかしげた夫。
「何なに〜?どうしたん?」
「苦味のある香りなのに,飲むとすっきりさわやか!これは何なんだ?」
といいつつ二口三口。
「おいしぃね〜。幸せね〜。」
としばし現実をド忘れして週末ののんびりした朝を楽しませていただきました。

その後,伯母に珈琲を届けました。
夕方には実家の母に珈琲を届けに行きついでに泊まって,持って行った珈琲を飲ませてもらいました。
どの珈琲だったか定かではないのですが,うちのよりも少し酸味が強い感じでしたが,それはそれでうまい!
父もぼそりと「ちょっと酸味が強いけど,うまい!」
(酸味に最初に気づいたのは父でした。以外に珈琲通?!)
その後,これまで飲んでいた珈琲を父に入れると
「苦いだけの珈琲だな。」
とぼそりとつぶやいていました。(恐るべし父!)
「おばちゃんのところには違う珈琲をとどけたんだ。」
と言うと,母が
「行ったら飲めるね。」
とにんまりしていました。(恐るべし母!)

家族みんなで満足した週末でした。
また違うものも飲んでみたいと思っていますのでそのときにはよろしくお願いします。
東京都Hさん
05年11月09日
本日無事に届きました。
さっそく、アンデスコンドルを飲んでみたのですが噂どおりとてもおいしく、なんて言ったって香りが良い!!!
もお、病みつきになりそうです♪
これからもおいしいコーヒーを紹介していってください。楽しみにしています。
ちなみに、以前はスターバックスや小川珈琲のものを飲んでいました。
愛知県Sさん
05年11月02日
珈琲が届きましたので早速一杯いただきました。
アンデスコンドルを飲みました。
甘みと苦味がうまく混ざりあいとてもおいしかったです。
ひと口目に甘いと感じたときは正直驚きました。珈琲は苦いものと思いこんでいましたから。
珈琲は今まではスーパーで500グラム500えん位のものを2袋買っていました。
珈琲はとても好きで良く飲んでいましたがコーヒー豆にはこだわることなくのんでいました。富田屋さんのホームページはPCでインターネットで迷い込んだ所に富田屋さんを紹介しているサイトがあったのでお気に入りにいれておいたのです。 
兵庫県Fさん
05年10月05日
コーヒー、ありがとうございました。 昨日、早速『アンデス コンドル』入れてみました。
入れている時、近くにいたコーヒー好きが、「なんだ、この香りは…」と引き寄せられてきました。 やっぱりコーヒー通には、すぐわかるようです。
コーヒー好きばかり集まって…皆に好評でしたよ。 すっきりとしているのに深みが感じられました。
(会社なので設備がイマイチですが、おいしかったです。)
茨城県Kさん
05年09月20日
苦味があるのにすっきりとして飲みやすい、非常においしいコーヒーでした。
Fさん アンデスコンドルが特に気に入りました。
おいしいだけでなく、変な表現ですが体がふわっと浮くような感覚が・・・。
秋田県Yさん シンプルな簡易包装で余分なものが無くよかったです。また今までに味わったことが無いアンデスコンドルは美味しかったです。のど越しの後半から他のコーヒーにない世界を感じましたね。
京都府Oさん 非常に気持ち良く取引できました。味にうるさい訳では無いので見当違いな評価かも知れないのですが(^^;) 香りと後口が良くて非常に飲み易く、美味しかったです(^^)。


*コロンビアはこんな国
正式国名 コロンビア共和国 Republic of Colombia
「コロンビア」の国名は、新大陸の発見者であるコロンブスに由来する
国の標語 Libertad y Orden (スペイン語: 自由と秩序)
コロンビアといえば 麻薬
コーヒー
エメラルド

*面白そうな映画見つけました→エメラルド・カウボーイ
面積 113.8914万km2(日本の約3倍)
人口 人口:4440万人(2003年世銀)
首都 サンタ・フェ・デ・ボゴタ
人種 混血75%、ヨーロッパ系20%、アフリカ系4%、先住民1%
言語 スペイン語
宗教 ローマ・カトリックが90%
時差 日本より14時間遅れ
通貨 コロンビア・ペソ Colombia Peso(略号は$)。ペソの補助通貨としてセンターボ(¢)がある。$1.00=0.0403円(2004年6月現在)

最低賃金:7.8%引上げられ358000ペソ/月(2004年1月1日より)
つまり、日本円で14427円/月
平均月収:20000円ほど。


◆コロンビア人とコーヒー
コロンビアは世界最高品質のコーヒーを生産することを誇りにしているが、多くのコロンビア人がそのコーヒー豆を利用して、美味しいコーヒーの淹れ方を知らない。
この高品質な豆は従来から輸出向けに生産されてきた。残りの豆は、コロンビアの口語で「ブラック・コーヒー」と言う意味で、スペイン語では「シミ」と言う意味合いのティントと言う飲物として親しまれてきた。
たった20セントで、ボゴタでは行商人が手押し車から魔法瓶を取り出し安物のプラスチック製カップにティントを注いでくれる。
「私は一日大きなカップで4杯飲みます。」と人々でごった返している市場でティントを飲む70歳になる行商人のオブデュリア・ガリゾンさんは言う。「人々は何故エスプレッソを好むのか良く分らない。一杯当りの価格が高いが、人々は泡が沢山あるから好むのかもしれない。」
*コロンビア以外でティントは赤ワインを指す。コロンビアで赤ワインを頼むときは「ビーノ・ティント」と言わなければならない。
コロンビア人はコーヒーを飲むとき小袋の砂糖を3つくらい沈めるのは当たり前で、飲み終わった後も砂糖が溶け切れずに残っているくらい。
コーヒーの変わった飲み方といえば、レモン汁をほんの1〜2滴垂らすというのもある。

◆コロンビアのトイレ
中南米ではトイレは洋式なのですが、便器を買うときに「便座あり・なし」を選べるそうです。大衆的なバーやレストランではたいてい便座が無いそうな・・・。コロンビアで、いや世界で一番美しいといわれる街カルタヘナでやや高級なレストランに入った人の話では、そこも便座なしのハズレ。仕方ないから中腰でしたらしいです。皆さんもコロンビアへ行かれるときはお気をつけ下さい。



前のページへ戻る


コーヒー豆販売 珈琲の富田屋
自家焙煎コーヒー豆販売 珈琲の富田屋:通販専門店

お問い合わせ  ご注文のご説明  TEL・FAX・メールでのご注文  特定商取引法に基づく表記  個人情報について  メディア掲載